• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鳥居みゆきがカリスマ占い師役を怪演!TOKIO・松岡昌宏扮するミタゾノとバトル

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 鳥居みゆきが、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』((金)後11・15ほか)の第6話(5月25日放送)にゲスト出演する。

 主演のTOKIO・松岡昌宏演じる女装家政夫の三田園薫が派遣先の家庭の内情を暴き、再生へ導く人気作の第2シリーズ。鳥居は、人気占い師の望月ルナ役。「ミラクルポン!」という掛け声と共に繰り出される占い結果が驚異の“恋愛成就率99・9%”を誇り、女性たちから圧倒的な支持を集めるルナを、真っ直ぐな黒髪にどギツいアイメーク、さらに白装束というインパクト大なビジュアルで怪しさたっぷりに演じる。

 第6話は、三田園と相棒の五味麻琴(剛力彩芽)がルナからの依頼を受けて自宅を訪ねるストーリー。ルナの力を目の当たりにした麻琴はすっかり心酔し、「私もミラクルポンを受けたい!」と切望。そのために家政婦紹介所の所長・結頼子(余貴美子)に給料の前借りまで申し出る。

 一方、麻琴とは対照的にルナから怪しい雰囲気をかぎ取った三田園は、入室禁止と言われた部屋に忍びこむ。すると、ウォークインクローゼットから大量の札束を発見。それをカメラに収めた矢先、三田園はルナを追っているという女性ジャーナリストと出会う。彼女が語ったのは、ルナにまつわる“脱税疑惑”で…!?

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真