• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『この世界の片隅に』松本穂香が歌う「山の向こうへ」先行配信決定

©TBS

©TBS

 TBS日曜劇場で放送中の『この世界の片隅に』でヒロイン・すずを演じる松本穂香が歌うドラマオリジナルの劇中歌「山の向こうへ」の先行配信が決定した。

 こうの史代の同名漫画をドラマ化した『この世界の片隅に』。太平洋戦争の最中、広島県の江波から呉に嫁いだすず(松本)が、嫁ぎ先の北條家で夫・周作(松坂桃李)らと共に暮らすかけがえのない日常を丹念に描いている。

 このドラマの注目ポイントの1つとなっているのが、久石譲が本作のために書き下ろした音楽。先行配信が決定した「山の向こうへ」は、8月29日(水)に発売が決定しているオリジナル・サウンドトラックに収録されている、ドラマオリジナルの劇中歌。

 本楽曲は、久石が作曲・編曲、脚本の岡田惠和が作詞を担当。劇中でたびたびすずが歌っており、わらべ歌とも唱歌とも子守唄ともとれるどこか懐かしいメロディ、シンプルながら奥深い歌詞が、聴く人をほっこりとやさしい気持ちにさせてくれる曲に仕上がっている。

 先行配信は、8月12日(日)第5話放送後の24時(8月13日(月)深0・00)よりスタート。

<松本穂香 コメント>
レコーディングは初体験なのですごくドキドキして、終わってほっとしています。久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波や呉のちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。何度か歌わせていただいたのですが、最後のほうは、スタッフさんやみんなの顔を思い浮かべながら歌いました。歌っていて自分自身、優しい気持ちになれました。久石さんが作ってくださった曲も、ドラマ全体の雰囲気も、とても優しく穏やかな時間が流れています。ぜひ、この歌を聞いて、ドラマもご家族そろって見ていただきたいです。

日曜劇場『この世界の片隅に』
TBS系
毎週(日)後9・00より放送

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える