• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「深爪らしいです」座長・中尾暢樹がシニカルな“らしさ”で体調不良の國島直希を気遣う

未来からのメッセージ

「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊」の初日舞台あいさつが行われ、『動物戦隊ジュウオウジャー』から中尾暢樹、柳美稀、南羽翔平、渡邉剣、立石晴香、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』から西川俊介、松本岳、中村嘉惟人、矢野優花、山谷花純、多和田秀弥が登壇した。

 本作は、スーパー戦隊シリーズ第40作『ジュウオウジャー』と、第39作『ニンニンジャー』の競演で送るヒーロームービー。12人のヒーローたちが、宇宙から来た強敵相手に戦いを挑む。2016年に通算40作目到達×2000回放送という偉業を達成した同シリーズにとって、アニバーサリー作品となる本作。全スーパー戦隊が勢ぞろいし、奇跡のバトルを繰り広げる点も見どころ。

 この日は、『ジュウオウジャー』の國島直希が残念ながら体調不良で欠席。「参加できずに悔しい思いでいっぱいですが、治療に専念して1日でも早く撮影・イベントに復帰したいです」とメッセージが届くと、ジュウオウジャーの座長・中尾が「(体調不良の原因は)深爪らしいです」とシニカルにとぼけ、しんみりムードの会場を笑わせた。

 初日を迎えた感想を聞かれた西川・中尾のレッド2人。すると西川が即座に「中尾君からいく?」と譲り『ニンニンジャー』チームから大ブーイングが。「皆さんから愛されてるんだなって感じました」という中尾のコメントに「そのとおりです!」と、先日の会見の“全パクリ”に続き今回も“全乗っかり”。またもニンニンメンバーからブーイングを喰らった西川だったが、「これが『ニンニンジャ―』として最後になるかもしれない作品。気合を入れて臨んだので、初日を迎えられて幸せです」と言い直した。

『ジュウオウジャー』テレビシリーズのほか、本作劇中では『ニンニンジャ―』とのコラボが披露される「レッツ!ジュウオウダンス」。ダンスが苦手な渡邉が「俺の下手さが隠れるから、八雲(松本)と一緒に踊れてうれしいって剣が喜んでいました」という柳の暴露をきっかけに、ジュウオウジャーとニンニンジャーたちが「(松本は)ダンスマスターだぞ!」「もっと言ってやれ!」と白熱。最後は松本が「剣と一緒は本当にやだ!」とこぼし、再び大爆笑に包まれた。

 音楽に合わせ、11人が実際にジュウオウダンスを披露すると、夢のコラボに会場の盛り上がりは最高潮。渡邉&松本の“ダンス苦手コンビ”も、踊り終えると肩を組んで達成感に浸っていたが、渡邉から「八雲はずっとカンニングしていました」とすぐに暴露されていた。

 先日、本編のクランクアップを終えたジュウオウジャー。テレビシリーズ放送中にもかかわらず「僕たちのこと、覚えてくれてる人ーーー?」と客席に呼びかける中尾の天然ぶりに、多和田が「現役でございやすよー!」とツッコミ。先輩・後輩の息の合ったコンビネーションに、最後まで客席も大盛り上がりだった。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える