• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

柳下大「魂を込めて作った作品」ミュージカル『手紙』開幕 東野圭吾原作の感動作

ミュージカル『手紙』 柳下大主演のミュージカル『手紙』が初日を迎え、公開ゲネプロが行われた。

 本作は、東野圭吾の同名ベストセラーをミュージカル化。弟のために強盗殺人を犯して服役中の兄・剛志と、その弟・直貴が交わす“手紙”が作品の中心となっている。ミュージカルは、弟が次々と経験する差別を“横糸”に、兄がひたすら弟を想う手紙を“経糸”にして構成。兄弟2人の感情―寄り添い、すれ違い、もつれ、反発し、一つにからむ感情―を、歌の力でより多くの人の心に届ける。

 主人公・直貴役は、柳下大と太田基裕のダブルキャスト。服役中の兄・剛志役は吉原光夫、ほかに藤田玲、加藤良輔、川口竜也、染谷洸太、GOH IRIS WATANABE、五十嵐可絵、和田清香、小此木まり、山本紗也加が出演する。脚本・作詞は高橋知伽江、演出は藤田俊太郎、作曲・音楽監督・作詞を深沢桂子が担当。音楽は4名のミュージシャンが生演奏する。

 ミュージカル『手紙』は、1月20日(金)から2月5日(日)に東京・新国立劇場、2月11日(土)から12日(日)に神戸・新神戸オリエンタル劇場で上演される。

<主演・柳下大 コメント>

演出の藤田さんをはじめ、キャスト、スタッフ一丸となって作っては壊しを繰り返し、命をかけて魂を込めて作った作品をようやく皆様にお見せできることをうれしく思います。
2017年最初の衝撃作をぜひ観にいらしてください。全身全霊をかけて臨んでいます。
『ある日突然、人生が裏返しになった…。』

ミュージカル『手紙』公式ホームページ:http://no-4.biz/tegami2/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える