• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

飯豊まりえインタビュー「夢みたいなお話だけどリアルさも感じた」 dTV×FOD共同製作ドラマ『パパ活』

飯豊まりえインタビュー「夢みたいなお話だけどリアルさも感じた」 dTV×FOD共同製作ドラマ『パパ活』

映像配信サービスdTVとフジテレビが共同製作するオリジナルドラマ第2弾となる『パパ活』が配信中。野島伸司さん脚本で現代の新たな男女関係“パパ活”を描く本作で、渡部篤郎さんと共に主演を務める飯豊まりえさんにインタビュー。

飯豊まりえインタビュー

◆『パパ活』への出演が決まったときの気持ちを教えてください。

最初にお話を頂いたときにストーリーにけっこう衝撃を受けまして、正直すごく悩んだんです。
自分の父親と近い年齢の人と恋愛をする話ということで、私にはあまり理解できない感じだったので、「私にできるかな…」というのがすごく不安でした。
でも、何かが変わるかもしれないと思って、出演させていただくことを初めて自分で決断しました。

◆演じた杏里というキャラクターの印象は?

杏里は思ったより普通の女の子だなと感じました。“パパ活”に前のめりになっているような女の子じゃなくて、さびしくてどうしていいか分からないという女の子でよかったと思って。そこで「あ、それだったらできるかもしれない」と思いました。
夢も希望もなくした女の子が、1人の男性のおかげで前向きな気持ちになって、生きる力が沸いてくる。夢みたいなお話だけど、そういうこともあるんじゃないかなっていうリアルさも感じました。

飯豊まりえインタビュー

◆実際に演じてみていかがでしたか?

やっぱり難しかったです。普通の恋愛じゃないので。1人の男性と出会って、その人は自分を変えてくれたけど奥さんがいて…。ルールを飛び越えたいという気持ちが私には理解できなかったけど、杏里を理解してあげないといけないという葛藤がありました。
すべてを投げ出しても飛び込みたいという気持ちになるのは、本当に難しかったです。

◆同級生の女の子たちとのシーンはいかがでしたか? カフェでおしゃベりをするシーンは、すごく自然に演じられている印象を受けました。

クラスメート役の女の子たちのお芝居がナチュラルですっごく楽しかったです。大学生ってこんな感じなんだろうなって想像していました。
今回は、監督が「ナチュラルに思ったことをやっていいよ」って言ってくださったんです。イメージを任せていただいて。
それで、せりふがないところも心情から出てくる動きを考えたりしました。難しかったけど、やりがいはありました。

飯豊まりえインタビュー

◆渡部篤郎さんとの初共演はいかがでしたか?

演技についてだけではなく、人としてのアドバイスをたくさん頂きました。ドラマ『嫌われる勇気』で椎名桔平さんとご一緒させていただいたときに、今度渡部さんと共演させていただくんですってお話をしたら「すごく学ぶところのある俳優さんだから」っておっしゃって。
その言葉のとおり、いろいろなことを教えてくださいました。今までは、同世代の方とのお仕事が多かったので、そういうことがあまりなかったんです。

◆同世代での共演も多いですもんね。

はい。だからすごく貴重な時間でした。
今回、せりふがすごく多かったんですけど、「せりふよりも出てくる感情のほうが大事だから、せりふを言おう言おうとしなくていいんだよ」とアドバイスを頂いたり。
あと「これから大変になっていくと思うけど、頑張れば俺みたいに自由にできるし、1つひとつが1ミリずつ生きてくるから」って言ってくださって。
私自身、焦りを感じていたんです。10代でまだまだこれからだし、同世代にすてきな役者さんがたくさんいるから、焦りを感じていたんですけど、背中を押されたというか、一生懸命地道に頑張ればいいんだって思えました。

◆悩まれていたというのは意外です。最近の出演作、そして本作でも飯豊さんの女優としての進化を感じていました。

本当に自分に自信がなくて…。同世代の人たちを見て、みんな自信があるんだろうなって感じていて。そういう人たちのように自信を持ちたいけど…という感じだったんですが、『パパ活』の現場でけっこう変わりました。

飯豊まりえインタビュー

◆自信がなかったということですが、ドラマ、映画とキャリアを積み重ねてきて、ご自身で成長を感じること、学んだことなどはありますか?

ドラマで同世代の女の子と共演したときに、これまでにいろんな憧れの先輩方とご一緒させていただいた中で学んだことを活かすことができました。
演じるのにエネルギーを使うシーンがあって、その子も葛藤していて、なかなか気持ちを出すことができなくて。そのときに「我慢しなくていいんだよ」っていう言葉をかけたんです。今までは私もどうしていいか分からなかったんですけど、そういうことが言えるようになったのは、今までの経験があったからかなと思います。

1年くらい前は、いっぱいいっぱいで、現場の空気感を感じることもできなかったんです。現場がピリピリしてるということも分からないくらい(笑)。
そういう時期を振り返ってみると、今は成長しているのかもしれないなって思います。

◆女優だけでなく、モデルとしても大活躍の飯豊さんですが、女優業とモデル業の違いはありますか?

全然違うものだと私は思っています。
モデルさんでも洋服によって演じるという人が多いんですけど、私はどちらかというと、演技は自分じゃないまったく違う人を演じていて、モデルでは自分に戻れる気がしています。
というのも、モデルは9歳くらいのときからやらせていただいているので、それが自分という感じなんです。
女優のお仕事をしていて自分が分からなくなりそうなときに、モデルのお仕事に帰らせていただくと、リセットできるんです。自分に戻れる場所というか。だからモデル業もずっと続けたいですね。

◆それはいい循環ですね。

そうですね。演じることができると、自分を見せることも隠すこともできるので、どちらのお仕事でも幅が広がればいいなと思っています。

飯豊まりえインタビュー

◆プライベートの時間はどんなふうに過ごされているんですか?

最近は海外ドラマにハマって「ゴシップガール」を見ています。両立ができない性格で、「ゴシップガール」がシーズン6まであるので、お風呂でも見るくらいずーっと見てます(笑)。
最近は押し花を始めて、この間はあじさいを押し花にしました。

◆19歳で押し花は渋くないですか?

お花が好きなんです。あと、グレース・ケリーさんが押し花を趣味でやられていたそうで、憧れている女性なのでまねしました(笑)。
仲のいい女の子が撮影に入っちゃったり、私がお仕事だったりして休みがかぶらない期間は、1人の時間が多いので、1人でできる趣味が多いですね。読書も好きなので本を読んだり、ゲームも好きで「バイオハザード」を1人でやったりしています(笑)。

◆押し花から「バイオハザード」まで(笑)。では最後に作品の見どころをお願いします。

野島伸司さん脚本の“パパ活”という新しい男女関係を取り上げた作品です。
大人ももちろん楽しんでいただけますし、同世代の女の子たちにも刺さるような作品になっています。
大人ならではの胸キュンシーンもありつつ、親子の絆、恋人同士の絆など、さまざまな愛のかたちと、人と人のつながりが深く描かれていますので、いろいろなことを感じながら見ていただけたらと思います。

 

■PROFILE

飯豊まりえ
●いいとよ・まりえ…1998年1月5日生まれ。千葉県出身。

2008年、モデルデビュー。以降、モデル、女優として雑誌、テレビ、映画とさまざまなジャンルで活躍。
2017年、映画「暗黒女子」で映画初主演。7月期は『マジで航海してます。』(主演)と『居酒屋ふじ』(ヒロイン役)と2作のドラマに出演する。

 

■ドラマ情報

『パパ活』dTV×FOD共同製作ドラマ「パパ活」
<配信概要>
配信タイトル:dTV×FOD共同製作ドラマ「パパ活」
配信開始日:2017年6月26日(月) 0:00配信開始 ※毎週月曜0時配信
尺/配信話数:全8話(1話=約30分)
出演:渡部篤郎 飯豊まりえ  健太郎 霧島れいか 橋本さとし
脚本:野島伸司
演出:加藤裕将
企画:森下正樹(エイベックス通信放送)・清水一幸(フジテレビ)
プロデュース:上田徳浩 松井純子 (エイベックス通信放送)三竿玲子(フジテレビ)
主題歌:「Unchain my heart」/Beverly

dTV特設サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005201
FOD特設サイト:http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4c21/

©エイベックス通信放送/フジテレビジョン

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える