• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

片山萌美インタビュー「妖艶さを持った女優を目指して」『ハロー張りネズミ』

片山萌美インタビュー「妖艶さを持った女優を目指して」『ハロー張りネズミ』

現在放送中の『ハロー張りネズミ』で、面倒な案件ばかり引き受けたがる変わり者探偵・ゴロー(瑛太)やグレ(森田剛)たちが集うスナック「輝(キララ)」の看板娘・萌美役を演じる片山萌美さんにインタビュー。ドラマのクライマックスへ向けての見どころから、今後の女優としての思いまで語っていただきました。


土下座されて胸を掴まれて殴る…怒涛の初日でした(笑)

片山萌美インタビュー

◆本名と同じ役柄を演じている片山さん。露出の多いちょっとエッチなお姉さん役を演じての感想は?

26年間使ってきた名前がそのまま役名ということで、普段の自分との差をどう演じようかはすごく悩みました。作り込んだ方がいいのか、もっとセクシーにした方がいいのか、バカっぽい方がいいのか…と。でも大根(仁)監督から「一度スナックを実際に見てみて」と言われて。行ってみたら、結構みなさん、お客さんに媚びることなく素の感じで接客なさってて。それからは、無理にキャラを作らず、5割ぐらいは本当の片山萌美のまま、私がスナックでアルバイトしたらこんな感じのかなという感じでやってます。ただ普段の自分は、どちらかというとテキパキ物事をやってしまうタイプなので、ちょっと大雑把にやってみたりはしていて、あとはマスター(中岡創一)のことをさほど尊敬していない感じは意識しています(笑)。

◆これまでで印象的なシーンはどこですか?

1話、ゴローに胸を掴まれて私が殴っちゃうシーンです。撮影は4月だったので、もはや懐かしい話になっちゃうんですが(笑)。私はその日がクランクインで、瑛太さんたちとも初対面。そんな中で土下座されて胸を掴まれて殴るっていう、今考えると怒涛でした。瑛太さんや森田さんって、お芝居を「作っていってる」感じがすごくするんですよ。最初に合わせてみてから、リハでちょっと変わって、本番までにどんどんゴローとグレが出来上がっていくんです。山口智子さんも、例えば最初はせりふをなぞるだけだったのが、やっていくうちにせりふとせりふの間にちょっとした歌を挟んでみたりとか、そういうのが自然に出てきて、それがすごく役のキャラクターっぽいんです。役として生きているというか。そういうところを間近で拝見して、学ばせていただいています。

◆大根監督とはキャスティングの際にどんなやり取りが?

「SCOOP!」という作品でご一緒して、そのご縁で。実は「SCOOP!」の時に一度オーディションに落ちているんですが、どんな役でもいいから出させていただきたいというお話をしたら、スクープされる側で出させていただけて。それがきっかけで今回お声がけいただきました。1年半後にオーディションに受かったような感じで、うれしかったですね。大根さんには、現場で毎回、「谷間作って」って言われます(笑)。

◆セクシー担当という印象がありますが、萌美の役柄をどう捉えていますか。

やっぱりゴローとグレって、外で捜査する間に、危険なことにあったりもするし、ちょっと緊張感のあるシーンが多いと思うんです。でも「輝」に来るときは基本的に穏やかな気持ちでくると思うんですよね。憩いの場というか。視聴者の方々にとっても安心できるようなシーンを作る役割を果たせればと思ってますね。マスターとのやりとりも含め、ちょっとした笑いを提供できていればうれしいです。

◆今後見どころになってくるシーンは?

9話(9/8放送)でみんなで“下赤塚戦士 レッドマン”にふんするシーンですね。最初はいろいろと武器だの衣装だのを装着していたんですが、私だけ露出をどんどん増やされて行って(笑)。「これいらなくない?」って着てるものをどんどん取り外されて、最後はもはやタンクトップにメガネしかしてなかった(笑)。森田さんや瑛太さんには、結構なアクションシーンもあったりするし、笑ってもらえる回になっていると思いますので、ぜひご覧ください!


太地喜和子さんのような、“妖艶さ”を持った女優を目指して

◆片山さんご自身についてお伺いしたいのですが、今後挑戦したいお仕事はありますか?

いただいたお仕事を一生懸命やるだけですが、映画にはもっと挑戦したいなと思います。この間も映画館に行った時に幅広い世代の方々で客席が埋まってるのを目の当たりにして、これだけの人を動かすことができる映画ってすごいなって。人を行動させるだけの力があるんだなって改めて思ったんです。そういうものに私も関わっていたいです。

◆ちなみに、目標としている人はいますか?

女優の太地喜和子さんです。「男はつらいよ」のマドンナ役もやられていた方なんですけど、まだ小さな舞台を中心に活動していた時に、それを観てくださったある方に「君は太地喜和子さんみたいになれるよ。だから頑張れ」って言っていただいて。その時に太地さんのことを知って、勉強したらすごく妖艶で素敵な方だったんです。その頃はグラビアに出る話が決まったばかりで、ずっと女優としてやってきた中で、グラビアっていうものに出ることになって、自分はどうなっていくのかという不安が正直あったんですが、太地さんを知って、目指せるのかもしれないと思ったら、なんだか自分の方向性が見えた気がして。目標となる方を選んで、示してくださったその方にも感謝していますし、恩返しをするためにも、今後も頑張らなきゃなって思っています。

 

■PROFILE

●かたやま・もえみ…1990年10月1日生まれ。東京都出身。AB型。近年の出演作は映画「めがみさま」「劇場版 屍囚獄」「SCOOP!」、大河ドラマ『おんな城主 直虎』『相棒season15』など。

公式Twitter:https://twitter.com/neichiamo?lang=ja

 

■作品情報

『ハロー張りネズミ』
TBS系
毎週(金)後10・00~10・54
 
●photo/中田智章 text/寺田渓音

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える