KEN THE 390がラップ監修!『日本沈没2020』本編映像&場面写真を初公開 | TV LIFE web

KEN THE 390がラップ監修!『日本沈没2020』本編映像&場面写真を初公開

アニメ
2020年07月09日

7月9日(木)から全世界独占配信がスタートするNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』から、本編映像&場面写真が初解禁。合わせて、ラップシーンの監修を担当したKEN THE 390からのコメントが公開された。

本作は湯浅政明監督が、小松左京の小説「日本沈没」を初めてアニメ化した作品。大地震により崩壊した日本を舞台に、ごく普通の家族・武藤家を中心とする人々が力を合わせて困難に立ち向かう様子が描かれる。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『DEVILMAN crybaby』では声優にも初挑戦し、HIP-HOPだけでなくジャンルを超えた様々なプロジェクトに関わるアーティストとして活躍しているKEN THE 390がラップ監修を担当。

『DEVILMAN crybaby』に続き、湯浅監督と再びタッグを組むことについてKEN THE 390は、「2度目のオファーということで、前作の内容を気に入っていただけたのだと感じて、最初の時よりさらにうれしかったですし、身が引き締まりました」と意気込みを語る。

今回解禁された本編映像は、主人公の歩と仲間たちが絶望な状況で“希望の光差す”魂の叫びをラップで表現するシーンとなっている。何気ない日常が突然奪い去られ、いつこの状況が終わるともわからない日々に疲れ果てていた歩と仲間たち。その時、突然、カイト(CV:小野賢章)がスマートフォンから曲を流し、ビートにあわせフリースタイルのラップをはじめる。今、置かれている状況について、今を生きている我々について、率直な感情を歌詞にして吐き出していく…という映像だ。

KEN THE 390は、収録現場でのキャストの様子について「事前に自分がそれぞれのパートをガイド用に録音した音源をお渡ししてたのですが、それを現場では皆さん自分のものとしてそれぞれのキャラクターでラップされていて、流石でした。自分のアドバイスに対するレスポンスの速さ、再現の正確性にも驚きました」と、本作でしか表現できない渾身のラップシーンを見事に作り上げてくれたキャスト陣を賞賛。

特に、ラップシーンを引っ張っていくカイトのラップについては「小野さんもラップを普段することはないとおっしゃっていましたが、とても勘がよく。とてもスムーズで、あっという間な録音でした」と驚きの連続だった様子を伝えた。

そして、本作の配信を楽しみに待っているファンに向けて「全く新しい日本沈没になっていますし、現状への問題提起、メッセージが詰まっています。2020年、まさに“今”見るべき作品だと思います」とコメントを寄せた。KEN THE 390のコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2