社会派スタイリッシュドラマ『グッド・ワイフ』7・10全国順次公開 | TV LIFE web

社会派スタイリッシュドラマ『グッド・ワイフ』7・10全国順次公開

ドラマ
2020年04月27日

最悪の経済危機に見舞われた1982年のメキシコを舞台に、アッパークラスの主婦たちの戦いを描いた映画『グッド・ワイフ』が7月10日(金)より全国順次公開する。

裕福な夫の“妻”として生きる女たちのマウンティング合戦を通し、現代女性にとっての愛や結婚、さらにはアイデンティティを模索するスタイリッシュドラマ『グッド・ワイフ』。メキシコの新鋭の女性監督アレハンドラ・マルケス・アベヤの長編2作目となる本作は、メキシコを代表する女性作家グアダルーペ・ロアエサによる社会風刺の効いた小説「Las Ninas Bien」が原案で、2018年のトロント国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、多くの国際映画祭で絶賛され、2019年メキシコ・アカデミー賞では13部門にノミネート、主演女優賞ほか4部門を受賞した話題作だ。

誰もが憧れる生活を送るセレブ妻の“女王”ソフィアの完璧な世界は、1982年にメキシコを襲った経済危機をきっかけに脆くも崩れ 去っていく。富を拠り所としていた女性が、財産を失った時、その先には何が待っているのか? アベヤ監督が、完璧なセレブ主婦ソフィアの答えのでない内的葛藤をラグジュアリーなキャンバスの上で巧みに描き出している。

<予告編>

公開された予告編では、ソフィアを始め 1980年代当時の アッパークラスの主婦たちのぜいたくな暮らしぶりと、女たちの激しい“マウンティング”バトルが描かれ、彼女たちのファッションやライフスタイル、カルチャーも見どころとなっている。

『グッド・ワイフ』
7月10日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー

<SATFF&CAST>
監督・脚本:アレハンドラ・マルケス・アベヤ
原案:グアダルーペ・ロアエサ
出演:イルセ・サラス、カサンドラ・シアンゲロッティ、パウリーナ・ガイタン、ジョアンナ・ムリーヨ、フラビオ・メディナ

<STORY>
1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。実業家の夫との間に3人の子供に恵まれたソフィアは、高級住宅街にある美しい豪邸で満ち足りた生活を送っていた。セレブ妻たちのコミュニティに女王のごとく君臨していた彼女は、証券会社の社長を夫に持つ、垢抜けない“新入り”アナ・パウラの出現が気に入らない。だが、歴史的なメキシコの経済危機が到来し、富裕層を直撃。突如として、ソフィアの完璧な世界は崩壊し始める。

©D.R. ESTEBAN CORP S.A. DE C.V. , MEXICO 2018