テレワークでもホシを挙げる!『警視庁・捜査一課長』初のリモート制作ミニドラマ | TV LIFE web

テレワークでもホシを挙げる!『警視庁・捜査一課長』初のリモート制作ミニドラマ

ドラマ
2020年05月21日
『警視庁・捜査一課長』
『警視庁・捜査一課長』

 内藤剛志が主演を務める『警視庁・捜査一課長2020』(テレビ朝日系(木)後8・00)で、シリーズ初となるリモート制作の“テレワーク版ミニドラマ”が放送される。

 ヒラ刑事からはい上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜査員たちの熱き奮闘を描いた人気シリーズ。4月9日にスタートしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により撮影スケジュールに変更が発生。そのため、5月21日からは2018年4月期の『season3』傑作選に新撮ミニドラマを加えた『2020年特別バージョン』となる。

 新撮ミニドラマは、キャストが各自カメラを設置して撮影。ステイホーム中の大岩が同じく在宅勤務の小山田大介管理官(金田明夫)、運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)らとテレワーク捜査会議を行うというストーリー。5月21日の初回は「捜査一課の中に殺人容疑者がいる」という情報が寄せられ、大岩がテレワーク下で捜査本部を設置。ラストに衝撃の真実が待ち受ける。

 内藤にとっても約40年間の俳優人生で初めての試みだが、「僕たちは日ごろから視聴者の皆さんを楽しませたいという思いでドラマを作ってきたのですが、こういう形になっても、キャストもスタッフもその心はブレないんだなと実感しました。ピンチをチャンスに変えて、いい意味でまた新たな表現方法をもらったような気がしています」と前向き。

 さらに、視聴者へ向けて「僕たちならではの工夫を加えて、単なる再放送とはひと味違う、『2020年特別バージョン』をお届けします。みんなで一生懸命、面白い仕掛けを考えたので、楽しんで見ていただけたらうれしいですね!」と呼びかけている。

 なお、テレビ朝日公式YouTubeチャンネルと番組公式Twitterでは内藤、金田、塙のリモートオフトークも配信される。

<内藤剛志(大岩純一 役)コメント>
 僕たちは日ごろから視聴者の皆さんを楽しませたいという思いでドラマを作ってきたのですが、こういう形になっても、キャストもスタッフもその心はブレないんだなと実感しました。みんな楽しんで参加してくれました。どんな状況でも“楽しもう”と思える人は、やっぱり強いと思いますね。ピンチをチャンスに変えて、いい意味でまた新たな表現方法をもらったような気がしています。
 今回のリモート撮影では、それぞれ衣装を身に着けていないのに、『警視庁・捜査一課長』の世界を表現するという面白さがありました。役衣装を着ていないのに一課長を演じるなんて、なかなかないことなので…。あとは、空間を超えて、みんなとやりとりができたのが楽しかったですね(笑)。
 傑作選をお送りせざるを得なくなったことは事実なのですが、僕たちならではの工夫を加えて、単なる再放送とはひと味違う、『2020年特別バージョン』をお届けします。みんなで一生懸命、面白い仕掛けを考えたので、楽しんで見てくださったらうれしいですね!

©テレビ朝日