『麒麟がくる』風間俊介が初登場“まだ何者でもない”松平元康(後の家康)役「流れが変わる瞬間に立ち会って」 | TV LIFE web

『麒麟がくる』風間俊介が初登場“まだ何者でもない”松平元康(後の家康)役「流れが変わる瞬間に立ち会って」

ドラマ
2020年05月31日
『麒麟がくる』

 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合ほか)に出演する風間俊介からコメントが届いた。

 風間が演じるのは、後に徳川幕府の創始者・徳川家康となる松平元康(幼名・竹千代)。桶狭間の戦いで今川方として参戦するも敗退。後に今川から独立し、三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。元康は5月31日(日)の第20回「家康への文」で初登場する。

 風間は「『麒麟がくる』の制作が決まったとき、一視聴者としてとても楽しみにしていたのですが、徳川家康役で出演が決まったと聞いて、大変驚きました。大河ドラマ出演は『西郷どん』以来2作目ですが、大河ドラマへの憧れが強すぎるせいか、いまだにドキドキして、緊張し続けています」とコメント。

 徳川家康という役柄については「家康は一つの固定したイメージだけで描かれるわけではなく、作品の視点によって描かれ方が全く異なりますので、とても多面的で面白い人物だと思います。現代から見た家康は、徳川幕府を開いた人物であり、たぬきであり、すごい人というイメージですけど、これはあくまで晩年の家康のイメージです」と。

 続けて「今演じている元康は、まだ何者でもないですし、立場が弱い武将ですから、晩年の家康からは逆算して考えないようにしています。晩年の家康に至るまでは何十年もかかりますし、小さい頃からそのイメージのままということはありませんので、皆さんの持っている家康のイメージから、ギャップが出ればいいなと思っています」と意気込んだ。

 さらに「『麒麟がくる』のストーリーの中では、徳川家康は竹千代として既に登場しています。竹千代が僕に変わるということは、他のキャラクターもそれだけ時間を積み重ねてきていますので、『こんなに時間がたったんだ』と時の流れを感じていただけるのではないかと思います」と語った。

 最後に「元康が登場するということは、歴史が大きく動く瞬間でもあります。それぞれの武将の勢力図も変わっていきますので、ここからさらに面白くなると思います。家康だけではなく、この時代の大きくうごめく流れが変わる瞬間に、皆さんぜひ一緒に立ち会っていただきたいと思います」とPRした。

大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合ほか
毎週(日)後8・00~8・43

©NHK