阿部サダヲ&松たか子『スイッチ』に眞島秀和&中村アンが恋人役で出演 | TV LIFE web

阿部サダヲ&松たか子『スイッチ』に眞島秀和&中村アンが恋人役で出演

ドラマ
2020年06月12日
『スイッチ』

 眞島秀和と中村アンが、6月21日(日)放送のドラマスペシャル『スイッチ』(テレビ朝日系 後9・00)に出演する。

『東京ラブストーリー』などの脚本家・坂元裕二がテレビ朝日で初執筆したオリジナル新作。元恋人同士である主人公の検事・駒月直(阿部サダヲ)とヒロインの弁護士・蔦谷円(松たか子)がある事件をめぐって対峙するリーガルサスペンス&ラブストーリー。

『スイッチ』

 眞島と中村は、直と円の現在の恋人役で出演。眞島はCM制作などを手掛ける広告代理店に勤務し、時に周囲を困惑させるほど“いい人”の鈴木貴司を、中村は煮え切らない直に逆プロポーズするストレートな気質の料理研究家・佐藤亜希を演じる。2人を交えた、ひと筋縄ではいかない大人の恋愛模様にも注目だ。

 共演は他に石橋静河、岸井ゆきの、井之脇海、迫田孝也、篠原悠伸、原日出子、嶋田久作、岡部たかし、尾美としのり、高畑淳子ら。なお、本作は放送終了後から動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で高精細な映像の“4K版”が独占配信される。

『スイッチ』

<眞島秀和(鈴木貴司・役)コメント>
 台本を頂いた時、面白くて一気読みしました。僕が演じる貴司は、ちょっと残念なところがありながらも優しさのあふれる男だと思ったので、かなり柔らかく演じました。
 阿部さん、松さんとのシーンでは、お二人の役柄の説得力なのか、僕も自然と貴司として現場に立つことができましたね。それはきっと、中村さんも感じていることだと思います。
 松さんと二人で観覧車に乗るシーンがあったんですが、実は僕、高いところが得意ではないので、なるべく下を見ないように、そしてNGを出さずに最短時間で乗り切ろうとしていました。ちなみに松さんは高い所が平気みたいですよ。
『スイッチ』は本当に面白い台本で、出来上がりが楽しみです。
 放送当日は、僕も視聴者の皆さまと一緒にリアタイします。

<中村アン(佐藤亜希・役)コメント>
 引き込まれる会話劇や登場人物への興味、どこか他人事ではないような親近感、『この作品に出られるんだ!!』という気持ちで、とてもうれしかったです。
 私の演じる亜希は、完璧で充実した日々を送っていそうに見えるんです。でも、実は愛する彼の心をどこかつかめていない…という現実を分かりながらも貫く姿が切なく、たくましいなと思いました。大切なシーンで出てくる『みょうが』が、私の中では心に残っています。
 阿部さん、松さん、眞島さん…皆さんの作品をたくさん見させていただいていたので、今回こうして共演させていただくことができて、本当にうれしかったです。素晴らしい機会に感謝しています。4人で食卓を囲むシーンが多かったのですが、ワインを飲むシーンでは笑いを堪えるのに必死でした。
 私も早く放送で見たくて、うずうずしています。きっとあっという間に終わってしまうのだろうなぁと思いながら…。ぜひ楽しんでください!!

©テレビ朝日