弘中綾香アナ『BG』初回で木村拓哉とドラマ初共演 | TV LIFE web

弘中綾香アナ『BG』初回で木村拓哉とドラマ初共演

ドラマ
2020年06月17日
『BG』

 木村拓哉が主演する6月18日スタートの『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系(木)後9・00 初回20分拡大)の第1話に、弘中綾香アナウンサーがゲスト出演する。

 木村演じる民間ボディーガード・島崎章の活躍を描く人気シリーズ第2弾。今作では、所属先の民間警備会社「日ノ出警備保障」が利益優先のIT系総合企業「KICKS CORP.」に買収されたのをきっかけに私設ボディーガードに転身。それによって生じる“個人VS組織”という新たな展開が見どころだ。

 弘中アナが演じるのは、ビジネス番組のインタビュアー。「KICKS CORP.」の社長で章の最大の敵となる劉光明(仲村トオル)に話を聞くという役どころで、木村ともドラマ初共演を果たしている。

<弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)コメント>
 私の中で『BG』は“すごく骨太な本格派ドラマ”というイメージがあったので、出演が決まったときは「私なんかが参加していいのかなぁ…。どのシーンで出るのかなぁ…」と、ちょっと戸惑いました。ふたを開けたら、ビジネス番組のインタビュアー役!ドラマ自体には何回か出演したことがありますけど、いつもは等身大の役が多くて、今回初めて役らしい役を頂きました(笑)。監督からは「世界を股にかけて活躍するビジネスマンにインタビューするときを想定して、お芝居をしてください」との指示を頂いたので、そんな経験は一度もないけど(笑)、頑張ってイメージしました!いつもと違う私に成り切ろうと頑張る姿を見て、楽しんでいただけたら、うれしいです。
 撮影現場では、どこに立っていればいいのかすら分からず、ずっと緊張してオドオドしちゃいました。アナウンサーの現場とは文化も違いますし、目の前には仲村トオルさんもいらっしゃるし…!「顔を見ちゃいけないのかなぁ?見たいのになぁ…」なんて葛藤しながら、チラ見してました(笑)。
 木村拓哉さんは現場に入られただけで雰囲気が変わるような、存在感のある方!今回は背を向けた形での共演だったんですけど、“俳優・木村拓哉”のオーラを背中越しにひしひしと感じました。実は前シリーズのとき、『BG』と『お願い!ランキング』のコラボ企画でご一緒させていただいたのですが、バラエティーということもあって、とっても楽しく収録させていただいたんです。でも、今回お会いしたのは、章さんモードに入った俳優の木村さん!前回とはまた雰囲気が違い、ボディーガードだからこそのピリッとした感じをまとってらっしゃって、それもまたカッコいいなぁと思いました。そんな木村さんを中心に、パワーアップしたキャストの皆さんとストーリーをぜひ楽しみにしていただきたいです。

©テレビ朝日