中条あやみ主演で『閻魔堂沙羅の推理奇譚』ドラマ化「“死者復活・謎解き推理ゲーム”を一緒に楽しんで」 | TV LIFE web

中条あやみ主演で『閻魔堂沙羅の推理奇譚』ドラマ化「“死者復活・謎解き推理ゲーム”を一緒に楽しんで」

ドラマ
2020年07月02日
中条あやみ
中条あやみ

中条あやみが主演を務めるよるドラ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(NHK総合)が今秋スタートする。

本作は、ミステリー作家・木元哉多の同名人気シリーズをドラマ化。閻魔堂の主・沙羅が生き返りを願う被害者に、自分で自分の殺人事件の真相を解決させる異色のオムニバスミステリードラマ。脚本は『ハゲタカ』『イノセンス 冤罪弁護士』などの古家和尚。

主人公・閻魔沙羅を演じる中条は「閻魔大王の娘役と初めて聞いたとき、いろいろな意味でビックリしました。いつかこのような特殊な役を演じてみたいと思っていたので、沙羅になれることが楽しみです!」と。

作品については「台本を読んでいて、毎話それぞれの人間ドラマがとても楽しく思いました。閻魔堂にやってきた亡者に対して沙羅が諭す言葉はとても大切な意味があり、ドラマを見ている方の心にも刺さると思います」とPR。

そして「沙羅の毒っ気もあり天真らんまんなキャラクターを大事にして、キャスト、スタッフと一緒に力を合わせて楽しい作品を作っていけたらいいなと思います。ぜひ『死者復活・謎解き推理ゲーム』を一緒に楽しんでいただけるとうれしいです」とコメントしている。

番組情報

よるドラ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(全8回)
NHK総合
2020年秋放送スタート
毎週(土)後11・30~11・59

出演:中条あやみ
原作:木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚』シリーズ
脚本:古家和尚
音楽:岩崎琢
制作統括:出水有三
演出:渡辺良雄、葛西勇也、石川慎一郎、鈴木航

©NHK