パク・シフ主演の韓国最新時代劇『風と雲と雨』8月に日本初放送 | TV LIFE web

パク・シフ主演の韓国最新時代劇『風と雲と雨』8月に日本初放送

ドラマ
2020年07月05日

『風と雲と雨』

韓国エンターテインメント総合チャンネル・KNTVで、パク・シフ主演の最新時代劇『風と雲と雨』が8月から日本初放送される。

本作は、キングメーカーたちの王位争奪戦を描くアクションロマンス大作。これまで韓国ドラマでは描かれたことのない命理学(四柱推命)をテーマに、史実と絡めながら壮大な映像美で描く。韓国でも放送がスタートしたばかりの最新作だ。

『風と雲と雨』

主演のパク・シフは『王女の男』以来、9年ぶりとなる時代劇出演で、頭脳明晰な観相師・チョンジュンを演じる。ヒロインを務めるのは若手実力派女優コ・ソンヒ。霊能力を持つ王女という異色の役柄でパク・シフとラブラインを繰り広げる。

『風と雲と雨』

そして、息子を王位につけるため策略をめぐらせるミステリアスな人物・興宣大院君(こうせいだいいんくん)イ・ハウンを名優チョン・グァンリョルが圧倒的な存在感で演じる。

『風と雲と雨』

番組情報

『風と雲と雨』(全20話予定)
韓国エンターテインメント総合チャンネル・KNTV
8月日本初放送

出演:パク・シフ、コ・ソンヒ、チョン・グァンリョルほか

©2020 TV Chosun