浅利陽介、石原さとみと8年ぶり共演『アンサング・シンデレラ』第3話にゲスト出演 | TV LIFE web

浅利陽介、石原さとみと8年ぶり共演『アンサング・シンデレラ』第3話にゲスト出演

ドラマ
2020年07月13日

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』

石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第3話(7月30日(木)放送)に浅利陽介がゲスト出演することが決定した。

本作は、日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマ。萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどり(石原さとみ)が、新人の相原くるみ(西野七瀬)、先輩の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部の面々と共に、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿を描いていく。

第3話で浅利が演じるのは、生徒思いで心優しい、萬津小学校の先生・新田奏佑。慢性糸球体腎炎の持病がある新田は、校庭を走っている途中に倒れ、萬津総合病院の救急に搬送される。

病院で意識を取り戻した新田は、処置中にもかかわらず、慌てた様子で帰ろうとする。みどりは倒れた原因も判明しないまま帰すわけにはいかないと、新田に入院するよう伝え、取り乱す新田をなんとか説得する。

みどりが新田に現在服用している薬について聞くと、大量の薬を服用していたことが判明。さらに新田に薬を渡している薬局「ナカノドラッグ」が、食前に服用する薬を食後のものとまとめていたり、本来やってはいけないような服薬をさせていることが判明。みどりはその仕事の粗末さに怒り、ナカノドラッグに電話で問い合わせると、無気力そうな男性に適当にあしらわれ、電話を切られてしまう。

  1. 1
  2. 2