“茶子先生”山口智子らが再集結!上野樹里主演『監察医 朝顔』秋・冬クールの年越し放送決定【コメントあり】 | TV LIFE web

“茶子先生”山口智子らが再集結!上野樹里主演『監察医 朝顔』秋・冬クールの年越し放送決定【コメントあり】

ドラマ
2020年07月28日

『監察医 朝顔』

『監察医 朝顔』第2シーズン(フジテレビ系)が秋・冬2クール連続で放送されることが決定し、レギュラー出演者が発表された。

本作は、2019年7月期に放送された、主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくヒューマンドラマの続編。

月9ドラマ初の2クール連続放送となる第2シーズンは、新型コロナウイルスの影響により、当初予定していた夏・秋クール放送から、秋・冬クールの年越し放送に変更。

第1シーズンに続いて、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、田川隼嗣、宮本茉由、加藤柚凪、戸次重幸、平岩紙、杉本哲太、板尾創路、山口智子が続投する。

第1シーズンのラストで、悲しみは完全に癒えずとも前へ一歩踏み出し、母の実家があり、母が被災した東北の海辺の街を再び訪れることができた朝顔。第2シーズンでは、その翌年の5月から物語がスタートする。

変わることなく、興雲大学法医学教室で法医学者として働く朝顔。父の平も変わらず、神奈川県の野毛山署強行犯係で刑事として働き、時間があれば東北に向かい妻の遺体を探していた。朝顔の夫の桑原(風間俊介)は神奈川県警捜査一課で多忙な日々を送り、娘のつぐみ(加藤柚凪)は最近になって「弟が欲しい」と朝顔たちにこぼしている。

朝顔たちの日常は、これからもずっと同じように続いていくと思われた中、あるきっかけで、朝顔は平の代わりに母の遺体を探すため、一人で東北の地を訪れることになる。

  1. 1
  2. 2