山田杏奈&玉城ティナW主演!“性”に翻弄される女子高生の物語『荒ぶる季節の乙女どもよ。』ドラマ化 | TV LIFE web

山田杏奈&玉城ティナW主演!“性”に翻弄される女子高生の物語『荒ぶる季節の乙女どもよ。』ドラマ化

ドラマ
2020年07月30日

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』

山田杏奈&玉城ティナがW主演を務める『荒ぶる季節の乙女どもよ。』が、MBS/TBSドラマイズム枠で9月8日(火)から放送される。

本作は「別冊少年マガジン」(講談社)で連載されていた原作・岡田麿里、漫画・絵本奈央による大ヒット同名漫画の実写ドラマ化。文芸部に所属する女子高校生5人の物語が描かれる。

変わり者の多い文芸部は、他の生徒からは「掃き溜め」と揶揄され、部員は皆、色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた。ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていた時、部員の一人が投じた「セックスです」という発言から、彼女たちはこれまで目をそらしてきた自らを取り巻く“性”に向き合い、“性”に振り回される日々が始まる。

山田杏奈が演じるのは、文芸部の高校1年生・小野寺和紗。いわゆるザ・普通の妄想女子だが、幼なじみの典元泉とのある事件をきっかけに、ますます性に思い悩み始める。

玉城ティナが演じるのは、和紗と同級生ながらも大人びており、ミステリアスな雰囲気を持つ学内で噂の美少女・菅原新菜。新菜は「セックスです」という一言を投じた張本人。

さらに、この2人が所属する文芸部の部長、曾根崎り香役に横田真悠。和紗の大親友の文芸部員・須藤百々子役に畑芽育。そして、小説も執筆しており謎の作家オーラを醸し出す文芸部2年・本郷ひと葉役を田中珠里が演じる。

メガホンをとるのは、きゃりーぱみゅぱみゅやジェニーハイらのミュージック・ビデオを数多く手がけ、「映像作家100人2020」にも選ばれた若手映画監督の酒井麻衣。

セカンド監督を、学生時代に制作した「溶ける」が第70回カンヌ国際映画祭に日本史上最年少で正式出品された井樫彩が担当。

気鋭の女性監督2人が、“馬鹿げていて、滑稽で、愛おしい”少女たちの繊細な性の世界を赤裸々に描く。

脚本は、原作者の岡田が執筆。岡田は昨年放送されたアニメ版の脚本も手掛けており、自身が原作の漫画作品のアニメと実写ドラマの脚本を担当するのは初の試み。原作・アニメとは異なった、実写ドラマにマッチした「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の世界を再構成する。

また、ドラマ化に当たり、押見修造、ハライチの岩井勇気、はじめしゃちょーからお祝いコメントが到着した。

  1. 1
  2. 2