『わたナギ』松本若菜がナギサさん(大森南朋)の過去を知る女性役で第6話から登場 | TV LIFE web

『わたナギ』松本若菜がナギサさん(大森南朋)の過去を知る女性役で第6話から登場

ドラマ
2020年08月04日

『私の家政夫ナギサさん』

多部未華子主演の火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の第6話(8月11日(火)放送)から松本若菜が登場することが分かった。

本作は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」発のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」(著者:四ツ原フリコ)が原作。仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・メイ(多部)と、そんな彼女の家に派遣されたおじさん家政夫・ナギサさん(大森南朋)が、周囲を巻き込みながら本当の幸せを探すハートフルラブコメディだ。

松本が演じるのは、いまだ謎が多いナギサさんの過去を探る上での重要人物となる箸尾玲香。どうやらナギサさんの人生を大きく変えた人物のようだが、詳細はいっさい明かされていない。

松本若菜 コメント

◆大森南朋さんの印象について

大森さんとは3回目の共演になりますが、私が知っているオシャレでスマートな大森南朋さんのイメージを覆す見事な“おじさん”っぷりに第1話から癒やされました。
現場でも、猫舌だったり熱い物に触れられなかったりする“大森さんのナギサさん”を目の前で見ていると、とても心が和らぎました。
あんなに気が利いて、家事が完璧で笑顔がすてきなナギサさんのような家政夫さんがいたら、私も豆知識とかいろいろと教えてもらいたいなと思いました。

◆演じてみての想い

秘密主義(!?)なナギサさん。私が演じた箸尾玲香は、唯一家政夫になる前のひとりの男性「鴫野ナギサさん」を知っている人物です。
台本を読ませていただいて、この役とどう向き合おうかとたくさん悩みました。
日々生活している中で、何かに悩んだり、あの時こうしていればと悔やむことも少なくないと思いますが、見てくださった方に、少しでも何かを感じとってもらえたらうれしいです。

プロデューサー・岩崎愛奈 コメント

疲れた心に癒やしを与えてくれるナギサさん。第5話では、ナギサさんがメイだけでなく、その家族までも大きな心で包み込んでいく姿が見どころです。
そんなナギサさんに魅了されればされるほど、その明かされない過去やプライベートが気になって仕方がない! とムズムズしている方も多いのではないでしょうか。
そんな皆様に代わって、第6話ではついにメイがナギサさんの素顔に迫っていきます!
ナギサさんの優しさに隠された秘密、そして、その秘密に触れたメイの思い。ナギサさんの過去を知る謎の女性・箸尾玲香役に松本若菜さんをお迎えして、切なくて温かい物語が展開されます!
さらに、メイに急接近中の田所や、登場人物たちのそれぞれの思いも交錯し、中盤以降も目が離せない展開となっています。ぜひご覧ください!

番組情報

『私の家政夫ナギサさん』
TBS系
毎週火曜 後10・00~10・57

©TBS