EXILE佐藤大樹「ダメ出しをドンドン言ってもらいたい“M役者”(笑)」白石聖主演『恐怖新聞』出演決定 | TV LIFE web

EXILE佐藤大樹「ダメ出しをドンドン言ってもらいたい“M役者”(笑)」白石聖主演『恐怖新聞』出演決定

ドラマ
2020年08月05日

『恐怖新聞』

8月29日(土)スタートの『恐怖新聞』(フジテレビ系)に、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)が出演することが決定した。

70年代に空前のオカルトブームを巻き起こしたつのだじろうによる戦慄のコミック「恐怖新聞」を、ジャパニーズホラーのレジェンド・中田秀夫が現代にリブート。ホラー作品初挑戦となる白石聖が主演を務める。

『恐怖新聞』

事故、虐待、自然災害、不正…未来に起こるありとあらゆる災厄を予言する恐怖新聞。主人公・小野田詩弦(白石)が誰かのために、未来を変えようと奔走し始めたとき、彼女を取り巻く人間関係が音を立てて崩れ始める。

『恐怖新聞』

佐藤が演じるのは、詩弦の恋人・松田勇介。バイトを3つ掛け持ちしているフリーターで、詩弦と恋に落ち、恐怖新聞と関わるようになった事で人生が激変する、という役どころだ。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

また、主題歌はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの新曲「FEARS」に決定。本作のために書き下ろされ“見えない存在への恐怖”を力強いボーカルワークで歌い上げる。

  1. 1
  2. 2