七桜(浜辺美波)の頭上に壺が…『わたどう』第3話あらすじ&場面写真解禁 | TV LIFE web

七桜(浜辺美波)の頭上に壺が…『わたどう』第3話あらすじ&場面写真解禁

ドラマ
2020年08月26日

『私たちはどうかしている』

8月26日(水)放送の『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)第3話の場面写真が解禁された。

本作は、浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜と、横浜流星演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも強く惹かれ合う物語。

【関連記事】椿(横浜流星)が嫉妬!? 七桜(浜辺美波)の頬に手を添え再び急接近!

15年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、若旦那を殺した罪を着せられてしまった七桜の母。七桜と椿は、幼なじみで初恋の相手でありながら、“容疑者の娘”と“被害者の息子”となってしまう。

第1話では、運命の2人が15年の時を経て再会。七桜は母の無実を証明しようと正体を隠したまま光月庵に乗り込むが、第2話のラストで女将の今日子(観月ありさ)に正体を知られてしまった。

【関連記事】七桜(浜辺美波)が椿(横浜流星)を抱き寄せ急接近!

第3話では、椿に「信用ならないやつは手元に置いておく」と物置に閉じ込められた七桜が何とか逃げ出すが、その直後、頭上に壺が落下する…。

公開されたシーン写真では、壺を手にする今日子の姿が。本当に今日子が壺を落としたのか、それとも…。

番組情報

『私たちはどうかしている』
日本テレビ系
毎週水曜 後10・00~

出演:浜辺美波、横浜流星、高杉真宙、岸井ゆきの、和田聰宏、岡部たかし、前原滉、草野大成/山崎育三郎、須藤理彩/中村ゆり、鈴木伸之/佐野史郎、観月ありさ

<第3話(8月26日(水)放送)あらすじ>
なぜ椿(横浜流星)は『さくら』を憎んでいるのか。その理由を聞いた七桜(浜辺美波)は、自分が知らなかった母・百合子(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける。母の無実を信じて疑わなかった七桜の心は揺れ…。
一方、七桜の素性を知った今日子(観月ありさ)は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰める。しかし椿の前で正体がバレそうになったその時、“七桜の母親”と名乗る謎の女性が現れる。彼女を送り込んだのは母の手紙を渡してくれた多喜川(山崎育三郎)のようだった。
そんな中、古い菓子帳の眠る物置に連れていかれた七桜は、突然椿に閉じ込められる。途方に暮れるが、母の筆跡で描かれた桜の御菓子の菓子帳を見つけ、再び母の潔白を確信。なんとか逃げだそうと、食事を持ってきた椿の隙をついて物置を飛び出すが、七桜の頭上に壺が落下。七桜をかばった椿は手にけがを負ってしまう。
翌日、金沢屈指の茶道の流派から椿に御菓子の依頼が入る。大旦那(佐野史郎)も招かれる大事な茶会。けがで実力を発揮できない椿は、悔しい気持ちを抑え依頼を断ろうとする。しかし、椿の気持ちをくんだ七桜が、依頼主に「お任せください」と宣言。二人三脚で茶会の御菓子作りが始まるが、その先には難関が待ちうけていた…。