石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』第8話あらすじ | TV LIFE web

石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』第8話あらすじ

ドラマ
2020年09月03日

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』

石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第8話が9月3日(木)に放送される。

本作は、日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマ。萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどり(石原さとみ)が、新人の相原くるみ(西野七瀬)、先輩の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部の面々と共に、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿を描いていく。

第8話では、田中幸太朗、東根作寿英がゲスト出演。田中は、アレルギー性鼻炎に悩み、萬津総合病院で薬をもらっている増田航平、東根作はみどりと小野塚(成田凌)が研修で訪れる「笹の葉調剤薬局」の代表・仁科敦夫を演じる。

<第8話(9月3日(木)放送)あらすじ>
葵みどり(石原さとみ)たちが“調剤の魔術師”と称える荒神寛治(でんでん)が、休暇を取る事になった。手品を練習するためと言う販田聡子(真矢ミキ)に、みどりたちは納得できない。ただでさえ忙しい薬剤部に人員の余裕はないのだ。
販田は荒神の仕事は自分が兼務すると言うが、薬剤部から1名を調剤薬局の研修に出す事になったとも伝える。みどりが名乗り出るが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)は猛反対。だが、みどりの代わりに瀬野章吾(田中圭)が薬剤部に張り付き、救急センターへは必要な時に行くよう販田は手配していた。
みどりが研修するのは、在宅医療に特化した「笹の葉薬局」。みどりが笹の葉薬局を探していると小野塚(成田凌)に声をかけられる。小野塚も在宅医療を学ぶよう「ナカノドラッグ」の店長に指示されていた。
二人が薬局を見つけると、店から代表の仁科敦夫(東根作寿英)が飛び出して来て、あいさつもそこそこに二人を患者の家へと連れて行く。
仁科はさまざまな患者の家を回りながら、みどりたちに仕事を説明。高齢者の患者が多いため、仁科たちは薬の管理の他に、食べ物や副作用のチェックなども行っていた。
そんな時、末期がん患者の家へ行ったみどりたちを荒神が出迎える。患者は荒神の妻、泰子(大塚良重)だった。
一方、相原くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導。くるみは服薬量が多い事が気になるが、増田は意に介さず帰ってしまう。そんなやりとりを見ていた瀬野は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都)が気にかかる。

<出演者>
石原さとみ、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂/真矢ミキ/迫田孝也、池田鉄洋、でんでん・田中圭

<スタッフ>
原作:『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』荒井ママレ/医療原案:富野浩充(『月刊コミックゼノン』連載/コアミックス)
脚本:黒岩勉
主題歌:DREAMS COME TRUE『YES AND NO』
音楽:信澤宣明
プロデュース:野田悠介
演出:田中亮、相沢秀幸
制作・著作:フジテレビ第一制作室

©フジテレビ