妻夫木聡×吉高由里子『危険なビーナス』ディーン・フジオカ、染谷将太、中村アンが出演決定 | TV LIFE web

妻夫木聡×吉高由里子『危険なビーナス』ディーン・フジオカ、染谷将太、中村アンが出演決定

ドラマ
2020年09月10日

『危険なビーナス』

10月スタートの妻夫木聡主演の日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系)にディーン・フジオカ、染谷将太、中村アンの出演が決定した。

本作は、東野圭吾による同名ミステリー小説をドラマ化。ある失踪事件をきっかけに、主人公が巨額の遺産をめぐる謎に挑む。東野の小説が日曜劇場でドラマ化されるのは、『新参者』(2010年)以来10年ぶり。

脚本は『グランメゾン東京』、映画「キングダム」などを手掛けた黒岩勉が担当。主人公・手島伯朗を演じるのは、日曜劇場『オレンジデイズ』(2004年)以来16年ぶりに日曜劇場主演を務める妻夫木聡。ヒロインは本作が妻夫木と初共演となる吉高由里子。

ディーンが演じるのは、名家「矢神家」の養子で若手実業家の矢神勇磨。昔から伯朗(妻夫木)のことを見下していて、事あるごとに挑発してくる嫌味な男だ。さらに、失踪した明人を捜すために矢神家を訪れた楓(吉高)のことを気に入り、楓と行動を共にする伯朗を尻目に強引にアプローチをする。

染谷が演じるのは、伯朗の弟で楓の夫・矢神明人。伯朗にとって、母が矢神家の御曹司と再婚してから生まれた弟で、異父兄弟。矢神の血を引き、30億円の遺産の相続権を持つ明人が突然失踪したことで、伯朗は縁を切っていた矢神家と再び関わることになる。まさに、この物語のキーパーソンだ。

中村が演じるのは、伯朗が副院長を務める池田動物病院の看護師・蔭山元美。一見クールな雰囲気だが、どんな動物にも愛される能力を持つ女性。常に冷静で、伯朗と共に池田動物病院を支えている有能な助手だ。

  1. 1
  2. 2