石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』第10話に近藤公園、宮澤佐江がゲスト出演 | TV LIFE web

石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』第10話に近藤公園、宮澤佐江がゲスト出演

ドラマ
2020年09月10日

『アンサング・シンデレラ』

石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第10話(9月17日(木)放送)に、近藤公園、宮澤佐江が夫婦役で出演することが決定した。宮澤は本作がフジテレビドラマ初出演となる。

本作は、日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマ。萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどり(石原さとみ)が、新人の相原くるみ(西野七瀬)、先輩の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部の面々と共に、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿を描いていく。

第10話では、近藤が心筋梗塞で萬津総合病院に緊急搬送される丸岡はじめ、宮澤が丸岡を献身的に支える妻・丸岡彩乃を演じる。

丸岡はじめは売れない漫画家。彩乃との間に子供を授かり、より一層仕事を頑張らなければと思っていた矢先、心筋梗塞で倒れてしまう。経済的に余裕のない丸岡は、服薬担当のみどりと相原くるみ(西野七瀬)から、今後一生薬を服用しなければならないこと、その薬代が月に6000円かかることを説明され、「病院なんて儲けしか考えてないんだろ!」と激怒。彩乃が必死になだめるも、みどりたちの服薬指導を頑として拒否する。

夢を追い続ける丸岡と妻の彩乃に突きつけられた“病気”という現実。患者の今後の生活のためにあるはずの薬が、経済的に患者を苦しめることになってしまうというジレンマに、みどりとくるみはどのように向き合うのか?そして、みどりが心から尊敬する先輩薬剤師で、大切な仲間でもある瀬野(田中圭)に容赦なく襲いかかる病魔。あらがえない残酷な現実がみどりたちを待ち受ける。

  1. 1
  2. 2