玉木宏主演『極主夫道』に竹中直人&稲森いずみが出演決定 | TV LIFE web

玉木宏主演『極主夫道』に竹中直人&稲森いずみが出演決定

ドラマ
2020年09月20日
極主夫道
竹中直人と稲森いずみ

玉木宏が主演を務める新日曜ドラマ『極主夫道』(日本テレビ系)に、竹中直人と稲森いずみの出演が決定した。

本作は「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」で第2位に輝いた、「くらげバンチ」で連載中の同名コミックが原作。玉木演じる伝説の極道“不死身の龍”が、裏社会から足を洗い、エプロンに着替えて専業主夫に命をかける男となるアットホームな任侠コメディ。

竹中が演じるのは「天雀会」の会長・江口菊次郎。妻・雲雀の尻に敷かれながらも、極道から足を洗った龍を何とか天雀会に引き戻したいと思っており、竹中いわく「夏に咲く夜来香の花のような誇り高い心を持った男だったのに、些細な事がきっかけでヤクザな道へと突き進んだ恥ずかしがり屋で捻くれ者で天邪鬼の素直な悪党」という役どころ。

「玉木君と久しぶりの共演!楽しみすぎる!志尊君とは4回目の共演!撮影現場があまりにも楽しみだ!と思いました」とクランクインを待ち望んでいたという竹中は、先日監督から「竹中さんのお芝居は一滴の清涼剤のよう」と言われたとうれしそうに明かすなど、現場では早くも竹中らしさを発揮している様子。

そんな菊次郎の妻で稲森演じる雲雀は、漢気にあふれ「天雀会」を仁義をもって支えようとする姐御的存在。無自覚にも雅(志尊淳)や菊次郎を振り回すような茶目っ気のあるチャーミングな雲雀を演じる稲森は、「主人公の龍をはじめとして、魅力あふれる個性的なキャラクターがそろっているので、その一員として皆さんとご一緒できることがすごく楽しみ」と期待を寄せている。

番組情報

日曜ドラマ『極主夫道』
日本テレビ系
2020年10月11日(日)スタート
毎週日曜 後10・30~11・25

原作:『極主夫道』(新潮社「くらげバンチ」連載中)
出演:玉木宏、川口春奈、志尊淳、古川雄大、玉城ティナ、白鳥玉季、竹中直人、稲森いずみ

WEB

公式サイト:https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/
公式Twitter:https://twitter.com/gokushufu_drama
公式Instagram:https://www.instagram.com/gokushufu_drama
公式LINE:https://lin.ee/d5BOlPr

©おおのこうすけ/新潮社