永瀬廉が朝ドラ初出演!『おかえりモネ』で清原果耶の同級生役に【コメントあり】 | TV LIFE web

永瀬廉が朝ドラ初出演!『おかえりモネ』で清原果耶の同級生役に【コメントあり】

ドラマ
2020年09月29日

永瀬廉

清原果耶がヒロインを演じる2021年度前期 連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合ほか)の新たな出演者が発表された。

連続テレビ小説104作目となる本作は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送るヒロイン・永浦百音(清原)が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな未来を届けていく物語。脚本は、『リッチマン、プアウーマン』『きのう何食べた?』『サギデカ』などの安達奈緒子。

今回発表されたのは、清原演じるヒロイン・永浦百音の同級生を演じるキャスト陣。才能あふれる若き漁師・及川亮役に永瀬廉。百音の保育園からの幼なじみ・野村明日美役に恒松祐里。伝統ある寺の息子・後藤三生役に前田航基。故郷を愛するしっかり者の電車オタク・早坂悠人役に髙田彪我。そして亮の父で、かつて天才漁師と言われた新次を浅野忠信が演じる。

出演者発表を受けて制作統括の吉永証は、「百音が育った気仙沼の島では、人々は同じ小学校・中学校に通い、『家族』のような時間を共有して成長します。物語の序盤、中学時代に音楽好きの百音に誘われて吹奏楽を始めた仲間と百音の演奏シーンが出てきます。清原さんはじめ、永瀬さん、恒松さん、前田さん、高田さん、蒔田さん、若い皆さんが奏でる音楽と演技のアンサンブルが今からとても楽しみです」とコメント。

そして「同じ同級生でも、百音の父・耕治と浅野さんが演じる新次の関係は、やや複雑、しかも二人の関係はストーリーの大事なカギを握っています。内野さんと浅野さんが並び立つツーショットが見られると思うと、胸がワクワクします。視聴者の皆さん、ご期待ください!」とメッセージを送っている。

  1. 1
  2. 2