『極主夫道』“PTA組”に入門した龍(玉木宏)がハロウィンにカチコミ!? | TV LIFE web

『極主夫道』“PTA組”に入門した龍(玉木宏)がハロウィンにカチコミ!?

ドラマ
2020年10月24日

『極主夫道』

10月25日(日)放送の『極主夫道』(日本テレビ系)第3話で、龍(玉木宏)が“PTA組”に入門。ハロウィンのお楽しみ会で衝撃の仮装を披露する。

『極主夫道』は、「くらげパンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化。主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍を、川口春奈が龍の妻・美久を演じている。

第3話で描かれるのは、ハロウィンのエピソード。龍がテレビを見ていると、向日葵(白鳥玉季)の学校でPTA会長を務める千金楽(鈴木浩介)が出演していた。千金楽のフォロワーの多さに、PTAをどえらい“組”と認識した龍は、PTAの会議に乗り込み「PTAに入りたい」と直談判。

会議では、近々行われるハロウィンのお楽しみ会について話し合われていて、龍はお楽しみ会に協力すると宣言する。しかし龍は肝心のハロウィンがどういうものなのか全く分からず、雅(志尊淳)に助けを求めるが、雅もハロウィンについて詳しくなかった。そこで、ゆかり(玉城ティナ)に教えてもらい、ハロウィンのお楽しみ会に参加する。

にぎやかな会場で、美久と向日葵は親子おそろいで“極きゅん”なかぼちゃのお化けコスプレ。一方、龍は準備していたはずのコスプレ衣装ではなく、いつもの黒スーツ姿。龍の圧力に、周りの保護者や子供たちも目を合わせることができない。

「ほー、兄さんはメリケンのマッポですか?(ニヤリ)」と龍が迫ると、PTAの“兄さん”千金楽は保安官のコスプレをしているものの、ビビりまくり。PTA会長として、お楽しみ会でいいところを見せたいが、龍に振り回され続ける。

お楽しみ会が始まっても、龍はいつもの調子。紙コップが足りない子供に対し「これ使うたらええ!」と升を渡し、すぐさま美久に交換されてしまう。子供を集めたゲームコーナーでは、任侠映画でよく見る“丁か半か!”を行おうとして、美久に引きずられる。

その後、龍は“心配すんな、ちゃーんとこの後に隠し玉用意しとるがな”とあっと驚く仮装を披露。龍は見事、子供たちとなじんで、子供たちの心をつかむことができるのか?“国民的ヒーロー”がヒントだという龍の選んだ仮装とは…。

番組情報

日曜ドラマ『極主夫道』
日本テレビ系
毎週日曜 後10・30~11・25