東京事変 椎名林檎の中学時代の後輩・山口紗弥加の主演ドラマ主題歌に決定 | TV LIFE web

東京事変 椎名林檎の中学時代の後輩・山口紗弥加の主演ドラマ主題歌に決定

ドラマ
2020年10月27日

山口紗弥加主演ドラマ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(テレビ東京ほか)が、11月18日(水)より放送開始される。その主題歌が、東京事変の「命の帳」に決定した。

本作は2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品で、同コンテストの入賞作品をドラマ化した初めての作品となる。

友人の勧めから「マッチングアプリ」という世界に足を踏み入れた38歳バツイチ独身の主人公チアキ(山口紗弥加)。そこには年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が大量にいた。

しかし、出会う相手には体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク」男たちもたくさん出現。男性経験があまりないチアキは戸惑いながらも、遅咲きの青春を謳歌するうちに、いつの間にかその世界にどっぷりとハマってしまう。

年齢を重ね「もう私にハッピーな時間なんて訪れないのかな」なんて少し暗くなっている女性たちに、勇気を出して一歩を踏み出せば新しい世界が広がっていることを伝えたいという本作。原作者のまさかの実体験をもとに描かれた、現代を生き抜く女性たちへの応援歌となるような“超現代型”ラブコメドラマだ。

この度、主題歌に決定した東京事変と、主演の山口からコメントが到着した。東京事変は「山口紗弥加氏は生まれながらのコメディエンヌですから、本作でもきっとおかしみをもたらしてくれるはず」と期待のコメント。

山口は東京事変が主題歌を担当することに、「まさに事変が起きたと思いました(笑)。いつか、主演を務める作品で、中学生時代から交流のある椎名先輩に楽曲を書いていただけたら嬉しいなと密かに思い続けていて、今回それが叶ったので、本当に夢みたいな気持ちです」と喜びを語った。両者のコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2