『世にも奇妙な物語』高橋克実主演で「アップデート家族」ドラマ化 娘役に吉川愛 | TV LIFE web

『世にも奇妙な物語』高橋克実主演で「アップデート家族」ドラマ化 娘役に吉川愛

ドラマ
2020年10月29日

『世にも奇妙な物語'20秋の特別編』

11月14日(土)放送の土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’20秋の特別編』(フジテレビ系)で、チョモランマ服部によるWEB漫画「アップデート家族」が高橋克実主演でドラマ化される。

『’20秋の特別編』では、広瀬すず、濱田岳、高橋克実、大竹しのぶがそれぞれ主演する4つのエピソードを放送。

『世にも奇妙な物語'20秋の特別編』

高橋が主演するのは、チョモランマ服部の「アップデート家族」(集英社『ジャンプルーキー!』)を映像化した『アップデート家族』。

『世にも奇妙な物語'20秋の特別編』

祖父母と子供、三世代で暮らす黒崎家。幸せだったのもはるか昔のこと、家族そろっての朝食も今では殺伐とした風景に変わってしまっていた。高橋が演じるのはそんな黒崎家の父・黒崎睦夫。うだつのあがらないサラリーマンの睦夫は、妻・洋子には給料が上がらないと邪険にされ、娘の夏海(吉川愛)には相手にもされていない。

『世にも奇妙な物語'20秋の特別編』

「このままではいけない」と考えていた矢先、睦夫は一枚の折り込みチラシを目にする。それは「ファミリーアップデーター」という新製品の広告だった。そしてその晩、夏海が帰宅すると家の様子がどこかおかしい。すると睦夫が現れ「家族をアップデートして効率化を図ることにした」と言いだし…。

  1. 1
  2. 2