『極主夫道』もう一人の“龍”津田健次郎がナレーションで参加 | TV LIFE web

『極主夫道』もう一人の“龍”津田健次郎がナレーションで参加

ドラマ
2020年11月01日

『極主夫道』

11月1日(日)放送の『極主夫道』(日本テレビ系)の第4話で、原作コミックス発売記念PVで“龍”の声を演じる津田健次郎がナレーションを務める。

第4話では、美久(川口春奈)の仕事場の話に移っていくが、龍(玉木宏)の心の優しさと強面の外見のギャップが引き起こす事態に、2人はけんかをしてしまう。そんな中、龍を極道の世界に引き戻そうと画策する元天雀会、龍が離婚して町を出て行かないよう必死になる婦人会、龍を亡き者にしようとする大城山組の龍をめぐる“しのぎ”を削る三つ巴の抗争が勃発。

さらに、原作でも描かれていない龍と美久の過去も描かれるというジェットコースターのようなストーリー展開に、ナレーションとして津田が参加。原作コミックス発売記念PVでも“龍”の声を演じるなど「極主夫道」には欠かせない存在である津田が、満を持して登場する。

番組情報

日曜ドラマ『極主夫道』
日本テレビ系
毎週日曜 後10・30~11・25