加藤シゲアキ・段田安則・南沙良ら出演!『六畳間のピアノマン』21年2・6放送開始 | TV LIFE web

加藤シゲアキ・段田安則・南沙良ら出演!『六畳間のピアノマン』21年2・6放送開始

ドラマ
2020年11月05日

土曜ドラマ『六畳間のピアノマン』(NHK総合)が、2021年2月6日(土)から4週にわたり放送されることが決定。加藤シゲアキ、段田安則、原田泰造、南沙良ら出演者が発表され、4名からコメントも到着した。

ビリー・ジョエルの名曲「ピアノ・マン」の舞台は、名もなき人々が集まるピアノバー。「今夜はメロディーが欲しい気分。ピアノ・マン、君が僕たちを元気づけてくれ」という、客たちの唱和を思わせる世界が描かれる。そんな「ピアノ・マン」を動画投稿サイトで歌う、「六畳間のピアノマン」と名乗るひとりの青年がいた。

彼が残した歌声は、周囲の人々の心に灯をともし、やがてお互いの人生が交錯して、気づかぬうちにそっと励ましあう。そうして再び歩みはじめた道に、温かな光がさす4つの物語が届けられる。

この度、本作への出演が発表されたのは、加藤シゲアキ、段田安則、原田泰造、南沙良ら個性あふれる俳優陣だ。加藤演じる村沢憲治は、パワハラを受けた元同僚のピアノマンこと夏野誠(古舘佑太郎)が交通事故で亡くなって8年、人との関わりを避けるように生きてきた。しかし、派遣先の職場で再びパワハラを目にしてしまい、かつて動けなかった自分への葛藤に苦しむ…。

出演にあたり、加藤は「台本を読んで、人の弱さと強さを同時に感じました。本作を見てくれた方が、ほんの少しでも前に進む力を受け取ってもらえるよう、村沢という男を演じたいと思います」と語る。

誠の父親・夏野泰造役を演じる段田も「人の結びつきが、それぞれを思いがけず支える物語です。亡き息子に励まされ、前に進もうとする父を丁寧に演じたいと思います。久しぶりの大阪での撮影を楽しみにしております」と意気込みをのぞかせた。4名からのコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2