葵わかな×竹財輝之助『年の差婚』に松本若菜、小野寺晃良、吉野北人ら出演決定 | TV LIFE web

葵わかな×竹財輝之助『年の差婚』に松本若菜、小野寺晃良、吉野北人ら出演決定

ドラマ
2020年11月25日

『年の差婚』

12月15日(火)からMBS/TBSドラマイズム枠で放送される葵わかなと竹財輝之助がW主演を務める『年の差婚』に、松本若菜、小野寺晃良、吉野北人、河井青葉、小日向星一、徳井優、吹越満の出演が決定。あわせてポスタービジュアルも解禁された。

このドラマは、「めちゃコミック」のオリジナル作品で、累計ダウンロード数700万超えの中間淳生の同名漫画が原作。原作では、15歳の年の差設定だが、ドラマ化にあたり“20歳差”と、さらに年の差を広げて描かれる“おじキュン”דピュアラブ”ストーリー。究極の箱入り娘で、恋愛初心者のヒロイン・村上舞衣子を葵わかな、舞衣子より20歳年上のバツイチ中年男子・花里晴海を竹財輝之助が演じる。

今回、2人を取り巻く全キャストが解禁。晴海の元妻で、商社勤務のキャリアウーマン・西村美雪役に松本若菜。舞衣子にはない“大人の色気”あふれる美雪の登場で、まさかの三角関係が勃発!?

舞衣子のはとこ・理音役に小野寺晃良。突如イタリアから帰国した理音には、ある秘密があり…。理音の登場シーンにも注目だ。

また、ドラマオリジナルキャラクターで、3・4話にゲストとして登場する、舞衣子の大学時代の同級生で、新進気鋭の空間デザイナーとして活躍するショーン・一ノ瀬役にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルの吉野北人。

舞衣子が働く建築事務所の上司で、舞衣子とは逆で10歳年下の夫と年の差婚をしている竹田紫役に河井青葉。紫の年下旦那・竹田祥平役に小日向星一。

そして、商社の社長であり、一人娘の舞衣子を溺愛する父・村上源一郎役を吹越満、源一郎の秘書・崎田役を徳井優が演じる。

番組情報

『年の差婚』

MBS/TBSドラマイズム『年の差婚』
2020年12月15日(火)スタート

MBS
毎週火曜 深0・59~

TBS
毎週火曜 深1・28~
(初回は深1・38~)

原作:中間淳生『年の差婚』(めちゃコミックオリジナル)
出演:葵わかな、竹財輝之助
松本若菜、小野寺晃良、吉野北人/河井青葉、徳井優、吹越満
監督:廣木隆一、稲葉博文
脚本:ねじめ彩木、松井香奈
制作プロダクション:ダブルフィールド(『貞子VS伽椰子』 『さよなら歌舞伎町』)
製作:「年の差婚」製作委員会・MBS

<あらすじ>
全く男に縁がなかった超箱入り娘の24歳の村上舞衣子(葵わかな)は、父親の村上源一郎(吹越満)の薦めで44歳バツイチの花里晴海(竹財輝之助)とお見合いすることに。気乗りのしない舞衣子だったが、会ってみれば大人の雰囲気を漂わせるステキな晴海がいて…。
一方晴海は、大事な取引先の社長の娘ということで、1度会って断るつもりだった…というか断られると思っていた。
想像を超えてくる舞衣子に終始振り回されっぱなしの晴海だが、彼女の真っすぐなところや潔くて凛々しいところにひかれ、3回目のデートで彼女から渡された、記入済みの婚姻届けを受け取り、超スピード婚。
ところが、晴海の元嫁・美雪(松本若菜)やはとこの理音(小野寺晃良)、イケメンデザイナーで舞衣子の同級生のショーン・一ノ瀬(吉野北人)といった個性豊かな恋敵の登場で、舞衣子×晴海の前にさまざまな試練が…。20歳差の2人はどう乗り越えていくのか。

ドラマ公式Twitter:@toshinosakon
ドラマ公式Instagram: toshinosakon_mbs
公式HP:https://www.mbs.jp/toshinosakon/

©「年の差婚」 製作委員会・MBS

この記事の写真