竹野内豊が11年ぶり月9でクセあり裁判官に!共演に黒木華『イチケイのカラス』21年4月スタート【コメントあり】 | TV LIFE web

竹野内豊が11年ぶり月9でクセあり裁判官に!共演に黒木華『イチケイのカラス』21年4月スタート【コメントあり】

ドラマ
2020年11月30日

『イチケイのカラス』

2021年4月期のフジテレビ系月9ドラマが、竹野内豊主演の『イチケイのカラス』に決定した。竹ノ内が月9に出演するのは、上戸彩と共演した『流れ星』(2010)以来11年ぶりとなる。

原作は浅見理都による人気リーガルコミック『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)。自由奔放で型破りな刑事裁判官と、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走する仲間たちの活躍を描く。裁判官を主人公として描く民放連続ドラマは本作が初となる。

竹野内が演じるのは、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官・入間みちお。みちおは、絶対に冤罪を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官。ひげを生やし、服装はカジュアル。ゆるい空気をまとい、とぼけた発言をすることもしばしば。お堅い裁判官のイメージとはほど遠いが、しがらみや偏見、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官たち両方から恐れられているクセ者だ。

一方で、一人あたり常に250件前後の事件を担当する刑事裁判官にとって、迅速かつ効率的に事件を処理することも大きな使命のひとつ。「そんなことはお構いなし」と言わんばかりに、マイペースで事件を深掘りしていくみちおに、周囲のイチケイメンバーたちはいつも頭を抱えている。

そんなみちおは、実は元弁護士という異色な経歴の持ち主。裁判官になった背景には、過去のある事件が深く関わっており、物語が展開するにつれ、みちおの知られざる過去が次第に明らかになっていく。

そして、みちおと真逆タイプの裁判官・坂間千鶴役で、黒木華が月9初出演。坂間は、男性社会の法曹界において、若くして裁判官として実務を5年以上経験し、判事と同等の権限を有する補特例判事補になった優秀な女性。

東大法学部出身で将来を約束されたエリート中のエリートだが、冗談が全く通じない堅物なタイプで、「裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている」と自負している。

そんな坂間は、事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの赤字状態であるイチケイを立て直すために異動してくる。迅速さと効率性を求める坂間にとって、現場検証を何度も行い、じっくりと事件の真相を深掘りしていくみちおの仕事スタイルは全く理解ができず、イライラが募るばかり…。

初めこそ反発してばかりの坂間だったが、事件をただの“案件”ではなく“一人一人の人生”として扱うみちおの信念に気づいたとき、「判決を下すだけではなく、裁判官として何ができるのか」という問いに直面することになる。

脚本を務めるのは『絶対零度』シリーズ(2010・2011・2018・2020)や『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK、2018)などを手掛けた浜田秀哉。劇中音楽は『HERO』シリーズ(2001・2014)、『半沢直樹』シリーズ(TBS、2013・2020)などを手掛けた服部隆之が担当する。

  1. 1
  2. 2