小西桜子主演ドラマ『京阪沿線物語』に中村俊介、新津ちせ、壇蜜、岡田義徳、水玉れっぷう隊ケン、中川家剛が出演

ドラマ
2020年12月04日


小西桜子が主演を務める2021年1月9日(土)スタートのドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』(テレビ大阪/BSテレ東)に中村俊介、新津ちせらが出演することが分かった。

本作は、京阪電車「ケーブル八幡宮山上駅」にある民泊「きずな屋」を舞台にした、関西らしい笑いあり涙ありの人情味あふれるコメディドラマ。主人公の新人小説家・井町潤を小西桜子が演じ、NON STYLEの石田明が脚本を手掛ける。

デビュー作が大ヒットし、次回作へのプレッシャーから作品が書けなくなってしまった潤(小西)は、東京の喧騒から逃れ、大阪と京都の間にある京阪電車の「ケーブル八幡宮山上駅」にたどり着く。そこで、民泊「きずな屋」に長期滞在することになった潤が、民泊の経営者・創介やこころ、宿泊客との触れ合いを通じて成長する姿を描く。

今回発表されたのは、レギュラー出演者とゲストの6人。民泊「きずな屋」を営む経営者で元料理人の創介役を中村俊介、こころ役を新津ちせ、きずな屋の先代経営者役を壇蜜、番頭役を水玉れっぷう隊・ケン、潤担当の編集者役を岡田義徳が演じる。そして第1話のゲストとして中川家・剛が本人役で出演する。

久我創介役:中村俊介 コメント

人との出逢い、絆、そして食。
人間が生きていく上で欠かせない、そして大切な事を再確認できる。そんなドラマだと思います。
落ち込む事、悩む事、人生という旅路にはさまざまな躓きは付き物ですが、この「きずな屋」に泊まれば人とのつながりを通じて一歩、二歩と前に進める勇気を貰えるはずです。
宿泊する為には○○は、要りません。
必要なのは…。
あとは観てからのお楽しみ。

木ノ宮こころ役:新津ちせ コメント

私が演じる「こころ」は、一見ごく普通の女の子ですが、実は、泊まると願いがかなうという噂の宿「きずな屋」のオーナーというスーパー小学生です!
このドラマは、京阪沿線を舞台に、人と人との絆が描かれている物語で、関西弁のせりふでお芝居するのは初めてでしたが、関西弁で会話していると自然と元気がわいてきて、身も心も「こころ」になることができました。
さらに、関西の美しい場所やおいしい食べ物もたくさん出てきて、撮影は毎日本当に楽しかったです!
ぜひ、ドラマを見て「京阪沿線っていいなぁ、きずな屋に泊まってみたいな」と思っていただけたらうれしいです!

本庄七海役:壇蜜 コメント

きずな屋の土台をつくった女将は、時に優しく時に強く、傷ついた人に寄り添う女性でした。憧れと尊敬の気持ちを込めて精一杯演じましたので、ご覧いただけたら幸いです。

桂木遼平役:岡田義徳 コメント

京阪沿線、関西の方ならおなじみでしょうが、そのおなじみの方もこれから知る方も、新しい発見ができるドラマだと思います。今も昔も大切な、「絆」で生まれる人情味溢れるドラマをお楽しみに。

美山キヨシ:水玉れっぷう隊・ケン コメント

どうも水玉れっぷう隊ケンです。
今回、このドラマ『きずな屋』古民家宿の番頭をさせて頂きました。
芸歴29年、芸人ではなく役者として最高峰の役を頂きました。
いろいろなお客様をきずな屋に迎え、それぞれの人生のひと時を共に過ごすことで生まれる絆を描いたドラマです。
笑いあり涙あり新喜劇を彷彿とさせる人情物語です。
ぜひ、お楽しみ下さい。
NONSTYLE・石田君が、僕を激推ししてくれたことで実現しました。
足を向けて寝られまへんがなぁ
家知らんけど(笑)。

本人役:中川家・剛 コメント

今回、本人役で出演させていただきましたので、特に役作りはしていません。
NON STYLE・石田君が脚本ということですので、とても楽しみな作品です!

番組情報

真夜中ドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』
テレビ大阪/BSテレ東
2021年1月9日(土)スタート

テレビ大阪:毎週(土)深0・56~1・26
BSテレ東:毎週(土)深0・00~0・30

出演:小西桜子、中村俊介、新津ちせ
監督:千村利光、長尾くみこ、田中健詞
脚本:石田明(NON STYLE)、阿相クミコ、三津留ゆう

WEB

公式サイト: https://www.tv-osaka.co.jp/keihan_story/
公式Twitter: https://twitter.com/tvo_mayodora/
公式Instagram:https://www.instagram.com/keihan_story/

この記事の写真

©「京阪沿線物語」製作委員会