小西桜子主演ドラマ『京阪沿線物語』に中村俊介、新津ちせ、壇蜜、岡田義徳、水玉れっぷう隊ケン、中川家剛が出演 | TV LIFE web

小西桜子主演ドラマ『京阪沿線物語』に中村俊介、新津ちせ、壇蜜、岡田義徳、水玉れっぷう隊ケン、中川家剛が出演

ドラマ
2020年12月04日


小西桜子が主演を務める2021年1月9日(土)スタートのドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』(テレビ大阪/BSテレ東)に中村俊介、新津ちせらが出演することが分かった。

本作は、京阪電車「ケーブル八幡宮山上駅」にある民泊「きずな屋」を舞台にした、関西らしい笑いあり涙ありの人情味あふれるコメディドラマ。主人公の新人小説家・井町潤を小西桜子が演じ、NON STYLEの石田明が脚本を手掛ける。

デビュー作が大ヒットし、次回作へのプレッシャーから作品が書けなくなってしまった潤(小西)は、東京の喧騒から逃れ、大阪と京都の間にある京阪電車の「ケーブル八幡宮山上駅」にたどり着く。そこで、民泊「きずな屋」に長期滞在することになった潤が、民泊の経営者・創介やこころ、宿泊客との触れ合いを通じて成長する姿を描く。

今回発表されたのは、レギュラー出演者とゲストの6人。民泊「きずな屋」を営む経営者で元料理人の創介役を中村俊介、こころ役を新津ちせ、きずな屋の先代経営者役を壇蜜、番頭役を水玉れっぷう隊・ケン、潤担当の編集者役を岡田義徳が演じる。そして第1話のゲストとして中川家・剛が本人役で出演する。

  1. 1
  2. 2