葵わかな、『ほん怖』×JRAドラマ『夕暮れの迷子』に主演、CMメンバーとの共演は「不思議な感覚」 | TV LIFE web

葵わかな、『ほん怖』×JRAドラマ『夕暮れの迷子』に主演、CMメンバーとの共演は「不思議な感覚」

ドラマ
2020年12月17日

土曜プレミアム『4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP』

土曜プレミアム『4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP』(フジテレビ系)が12月26日(土)後9時15分から放送される。

本作は、『ほんとにあった怖い話』制作スタッフとJRA日本中央競馬会がタッグを組んで送る、一夜限りのスペシャルドラマ。

4本立てのオムニバス形式で、各ドラマで主演を務めるのは、JRA日本中央競馬会のプロモーションキャラクターを務める土屋太鳳中川大志葵わかな柳楽優弥(放送順)。そして、松坂桃李高畑充希は6人が集う喫茶店のシーンに出演し、不可思議な体験を語りで披露する。

【関連記事】土屋太鳳、『ほん怖』×JRAドラマ『冬の奇跡』に主演「クリスマスキャロルのような雰囲気を感じる物語」 

葵わかなが主演するのは『夕暮れの迷子』。葵演じる森山莉子はある日、公園のブランコに座って泣いている女の子(金子莉彩)を見つける。彼女は母親とはぐれてしまった様子で、何を聞いても「お母さん」と泣き続けるばかり。

莉子は彼女を交番へ送り届けようと手をつないで歩きだすが、その道すがら、寺の前で女の子が突然立ち止まり、シクシクと泣き始めてしまう。困り果てる莉子だったが、寺から出てきた住職(笹野高史)に声を掛けられる。莉子が事情を説明すると、2人は寺の本堂に案内される。そこで莉子は、住職から驚きの内容を告げられる。

  1. 1
  2. 2