山本耕史が香取慎吾と16年ぶりにドラマ共演「大の仲良しなので本当にうれしい」

ドラマ
2020年12月25日

山本耕史コメント

◆オファーがあった時の感想をお聞かせください。

香取君とは大の仲良しなので本当にうれしい限りです。最初香取君がテレビ東京でドラマをやるって聞いたときに「何で俺に話が来ないのかな(笑)」と思ったくらいで。香取君から「出てくれないんですか!」と言われて、「オファー来てないから!」って返してスケジュールの話をしていたら、すぐに出演のオファーを頂けました(喜)! ぜひ一緒にやりたいと思っていたけど、まさか本当になるとは思わなかったところもあるからうれしいです。香取君の久しぶりの民放の連ドラなので少しでも力になれればうれしいなと思います。

◆今回のドラマはSNS犯罪がテーマですが…

僕自体がそんなにSNSをやっていないですが、ニュースでもここ最近、SNSの犯罪は社会の問題として目にすることもあります。今までこういったドラマがなかったのは意外だったというのもありますが、いままさに社会の問題として目をつぶっていられないような状況になりつつあります。投稿する側は軽い気持ちでも、受け取る側は真摯に受け止めてしまうこともある。それを今回のドラマ、香取君という主役を通して、メッセージ性の強い、現代にマッチした伝えるべきテーマだと思うので、丁寧に演じて作っていきたいと思います。

◆視聴者の皆さまにメッセージをお願いします。

香取君自身も連ドラが久しぶりですし、僕らの共演も久しぶり。メッセージ性の強い作品なのでいろんな角度から楽しめていろんな角度から刺激を受けるドラマになると思うのでぜひ楽しみにしていただきたいです。見た人がSNSであまり叩かないようにしてくだされば…(笑)

番組情報

『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』
テレビ東京系
2021年1月25日(月)後10・00~

主演:香取慎吾
出演:関水渚、MEGUMI、清水尋也、山本耕史、勝村政信ほか
監督:及川拓郎、湯浅弘章、大内隆弘
脚本:小峯裕之、玉田真也、入江信吾

あらすじ

SNSのトラブルが後を絶たない。警視庁は、世論の声に応えるべく試験的に専門の対策室「警視庁指殺人対策室」(通称「指対(ゆびたい)」)を新設した。SNSの情報を分析し捜査に役立てるとともに、誹謗・中傷の撲滅を目指し市民からの相談に乗る。そんな理念を掲げつつ、実際には世間に対するポーズとしの部署新設であり、集められたメンバーは、万丞渉(香取)をはじめ、出世コースから外れたクセモノばかり。

そんなある日、ある夫婦が対策室を訪ねてきた。先日、一人暮らしをしていた娘が自殺したのだが、警察は「事件性なし」として早々に捜査を打ち切っていた。だが、ファッションモデルである娘がネット上で激しい誹謗中傷に遭っていたことを知り、娘を死に追いやった人たちを捕まえてほしいと依頼。「指対」の捜査が始まる…!

WEB

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anonymous/
公式Twitter:@txdrm_anonymous

🄫「アノニマス」製作委員会

  1. 1
  2. 2