寺西優真主演『人生いろいろ』第2話あらすじ&場面写真公開

ドラマ
2021年07月09日

寺西優真主演ドラマ『寺西一浩ドラマ 人生いろいろ』(TOKYO MX)の第2話(7月16日(金)放送)のあらすじと場面写真が公開された。

本作は、令和になり、人の生き方や家族のあり方、そして、価値観もいろいろと変化する中でも変わらない、人の愛、友情、親子の情愛に焦点を当てた令和のホームドラマ。

“人生いろいろ”に生きる人たちが行き交う東京を舞台に、5人の兄弟と彼らを育てる肝っ玉母さん、さらにその周囲の人々の愛情物語を描く。

主人公の老舗和菓子店の跡取り・龍太郎を寺西優真が演じ、八神蓮、上田堪大、北乃颯希、髙松アロハ、馬渕英里何、武藤十夢(AKB48)、中島早貴、青科まき、七川叶憂、上村侑、空花、久田莉子、丘みつ子、冨家規政、長谷直美が出演する。

7月16日(金)放送の第2話から、登場人物紹介のコーナーを放送。初回では、一郎(八神蓮)と婚約破棄した桑原麗奈役の中島早貴、5人兄弟の叔母で春彦(冨家規政)の姉・数子を演じる丘みつ子が登場し、視聴者にメッセージを送る。さらに、挿入歌「All Good-JP Ver.-」を歌うASTROからのメッセージも放送される。

<第2話(7月16日(金)放送)あらすじ>
長男の一郎(八神蓮)が、突然結婚式を挙げたくないと言いだし、春彦(冨家規政)と優子(長谷直美)夫婦は、式場と婚約者(中島早貴)と、無事に中止の話し合いができたか心配していた。
三男で跡取りの龍太郎(寺西優真)は、そんな両親を思い、一郎の帰りを待つ間、考案中の和菓子を試食してもらい気を紛らしていた。
そして、結婚式を中止にできたと報告に戻った一郎だったが、集まっていた兄弟や叔母の数子(丘みつ子)は既に帰宅し、代わりに一郎と馬が合わない次男の隼人(上田堪大)がやってきて、何やら重苦しい空気が流れていた。
そんな隼人も、実は職場で気まずい問題を抱えており、龍太郎にその相談をしにやって来ていた。

第2話場面写真

『寺西一浩ドラマ~人生いろいろ~』
TOKYO MX
毎週金曜 後1・00~1・55<TOKYO MX1>
スマートフォン用アプリ/Webサイト「エムキャス」で同時配信

<主演>
寺西優真

<出演者>
八神蓮、上田堪大、北乃颯希、髙松アロハ、馬渕英里何、武藤十夢(AKB48)、中島早貴、青科まき、七川叶憂、上村侑、空花、久田莉子、丘みつ子、冨家規政、長谷直美

主題歌:寺西優真「君のこえ」(日本コロムビア)
オープニングテーマ:島倉千代子「人生いろいろ」(日本コロムビア)
挿入歌:ASTRO「All Good-JP ver.-」(HIAN)

番組ホームページ:https://s.mxtv.jp/drama/iroiro/

©KT/MX・HP