主演・福原遥×語り・バカリズム×占い監修・シウマの新ドラマ『アンラッキーガール!』10月スタート

ドラマ
2021年08月27日
『アンラッキーガール!』

読売テレビ・日本テレビ系10月期モクドラFが、福原遥主演の『アンラッキーガール!』に決定した。

本作は、金運を筆頭にあらゆる運がゼロの福良幸(25歳)、男運も対人運もゼロの朝倉香(31歳)、仕事運ゼロで今は無職の綾波樹(35歳)という、ことごとくツイていない3人が、幸せをつかもうと奮闘するアンラッキーコメディ。3人は毎回不運な事件やトラブル、災難に巻き込まれるが、「弁護士」と「占い師」の顔を持つ“謎の男”によって、さらに運命を翻弄されていく。

福原演じる福良幸(ふくら・さち)は、1996年1月1日生まれの25歳。亥年、五黄土星、A型。くじ売り場で働いているが、金運を筆頭にあらゆる運がゼロ。運が無いことの連続でここまできた女性で、自分の人生を半ば諦めているという役どころ。ずぶ濡れになったり、ケーキまみれになったりと、福原の体当たりの演技も見どころとなる。

また、ドラマの「語り」にバカリズムが初挑戦。今まで脚本家としても魅力的な女性たちが登場する作品を数々と手掛けてきたバカリズムが、3人の運の悪い女たちの波乱の人生を、ときに優しく、ときに厳しく、大きな愛を持って見守っていく。

さらに、福良ら3人の女たちが「弁護士」と「占い師」の顔を持つ“謎の男”によって、占いのアドバイスを受けるが、その占いは、人気バラエティー番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)などで活躍する琉球風水志・シウマが監修。登場人物の名前、生年月日、部屋の間取りなど、シウマが占った内容がドラマに反映されている。

脚本は、ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)、『おじさまと猫』(テレビ東京系)などの「大人のカフェ」の伊達さんと、『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)、人気アニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)などのモラルによる完全オリジナル作品。

福原遥 コメント

◆作品と役どころの印象について

台本を読ませていただいて、どんなに不運なことが起きても、ポジティブに捉え、小さな幸せをしっかり感じ、前向きに生きていこうとする幸の姿に、すでに心をつかまれています! あらためて自分のものの捉え方や考え方次第でいくらでも幸せを感じられることに気づかされました。そんな大好きな幸を大切に演じていきたいです!

◆視聴者へ

どんなに不運なことが起きても、それは自分の捉え方次第で幸せに感じられる。
そんな前向きな happyな想いを、皆様に届けられたらうれしいです!
そして不運なことばかり起こる3人を笑いながら温かく見守って頂きたいです!
この作品を機に、観ていただいた皆様の人生がもっともっと幸せになっていきますように!
撮影、精いっぱい頑張りたいと思います!

バカリズム コメント

今回、「語り役」を担当させていただくことになりました。
「語り役」の一番の魅力はなんといっても「セリフを覚えなくていいこと」です。
エアコンのきいた編集所で精いっぱい、頑張りたいと思います。

シウマ コメント

今回、初めてドラマの監修をさせていただいて「面白いな!」と感じたのは、本来の吉数を意識する命名とは違い、キャラクター設定に合わせて凶数も使いながら人物像を構築する作業がとても不思議な感覚でした。そのためアンラッキーな主人公には最凶に不幸な画数を背負わせております(笑)。
他にも登場人物たちの相性を決める生年月日を設定したり、タイトルの画数も吉数にしたりと、琉球風水術をさまざまな部分に取り入れていただきました。
また、皆さんがイメージするような占術だけではなく、実は日常生活の中で「こんな些細なことも運気と関係あるの!?」という出来事も多く作品の中で描かれています。
部屋の作りなどに風水術を取り入れたりするのはもちろんですが、少しの気づきや意識で不運を避けることができるので、簡単で無理なく日常生活の中で運気をアップできる方法を、ドラマを通じて、観てくれる皆さんに伝えることができたら良いなと思います。

『アンラッキーガール!』
読売テレビ・日本テレビ系
2021年10月7日(木)スタート
毎週木曜 後11・59~深0・54

この記事の写真