『ボイスII』撮了で唐沢寿明が後輩たちに熱いエール 真木よう子は瞳潤ませ「やっぱり寂しい」

ドラマ
2021年09月24日

『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系 毎週(土)後10・00~10・54)に出演する唐沢寿明、真木よう子がクランクアップを迎えた。

『ボイスII』は、2019年7月に放送された『ボイス 110緊急指令室』の続編。緊急指令室“ECU”を舞台に、通報から“3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙”を掲げる捜査官たちの活躍を描くタイムリミットサスペンス。

樋口役の唐沢、ひかり役の真木は、緊急指令室のメンバーと共に同時にクランクアップ。最終シーンを撮り終え、「オールアップでーす!」の声がかかると、一同から歓声と大きな拍手が送られ、監督から花束を渡された。

真木は「皆さん本当にお疲れ様でした。ボイス『2』だったので、橘ひかりも成長させたいと思い、彼女の背中をずっと追い続けていました。私の中では、橘ひかりは尊敬すべき女性として、先を見て、追いかけていかなければならず、苦難の連続の日々でしたが、現場がすごく温かくて、スタッフの皆さまに支えられて幸せでした。作品が愛されることを願っています。愛されると思います。でもやっぱり寂しいですね。ありがとうございました。では兄貴へ」と瞳を潤ませながら、唐沢にバトンタッチ。

唐沢は「まず、前作『ボイス』の2年前と比べても、今年は暑かったなぁというのが実感でした。そんな中、スタッフはずっとマスクをして撮影に臨み、大変だったと思います。本当にお疲れ様でした。今回は、指令室のメンバーも、出動班も、みんな出番が増えて良かったですが、これに甘んじず、自分なりの高みを目指して、さらに頑張ってほしいと思います。皆さま、お疲れ様でした!」と、スタッフへの感謝の言葉とともに、後輩の俳優たちに激励の言葉を贈った。

9月25日(土)放送の最終回では、いよいよ樋口と久遠(安藤政信)が直接対決を迎える。

『ボイスII 110緊急指令室』
日本テレビ系
毎週土曜 後10・00~10・54

この記事の写真