K-POP好き現役大学生YouTuberのりゅうがが『この初恋はフィクションです』出演決定 予告スポットも解禁

ドラマ
2021年09月25日
2年1組の生徒・松宮漣役で出演するりゅうが
2年1組の生徒・松宮漣役で出演するりゅうが

10月11日(月)から放送される『この初恋はフィクションです』(TBS系 毎週(月)~(木)深0・40~0・55)にYouTuberのりゅうがが出演することが決定した。

「よるおびドラマ」として深夜にドラマを帯番組で放送するのはTBS史上初の試みとなる本作。企画・原案には多くの話題作を手掛ける秋元康、脚本を『おっさんずラブ』シリーズ(テレビ朝日系)、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)、『恋はDeepに』(日本テレビ系)などを手掛けた脚本家・徳尾浩司が務めるオリジナルの青春群像ラブストーリーだ。また、民放初の試みとして、YouTubeで全話配信を実施。1話約15分という特性を生かし、月曜日から木曜日の放送回をその週の金曜日にYouTubeで一挙配信する。

「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」の演技バトルを制した、香川県出身の18歳の飯沼愛が連続ドラマ初出演にして初主演を務め、同オーディションを経て、武山瑠香、赤穂華、三浦涼菜、渋谷風花が出演。共演には、坂東龍汰、窪塚愛流、飯塚悟志(東京03)、坂井真紀、矢田亜希子といった多彩なキャストが顔をそろえる。

新たに出演が発表されたのは、現役大学生YouTuberのりゅうが。飯沼演じる主人公・倉科泉ら主要キャストたちが通う桜彩館高校2年1組のクラスメイト・松宮漣役を演じる。りゅうがはSNSの総フォロワー数40万人を超え、10代、20代を中心に人気を誇る大注目の“K-POP好き現役大学生YouTuber”。テレビ出演は本作が初めてで、テレビ初出演にしてドラマレギュラー出演という異例の大抜擢となった。

YouTubeやTikTokではK-POPのカバーダンスやメイク、ファッション関連の動画で人気を博しているりゅうがが演じるのは、はやとちりな性格で考えるよりも前に動いてしまうことでクラスのみんなを振り回す男子生徒という役どころ。東京03・飯塚が担任の長谷部を演じ、クスっと笑えてほっこりする2年1組の生徒たちのクラスシーンで、個性豊かな生徒たちの中でも異彩を放つりゅうがの存在に注目だ。

さらに、予告スポットも各SNSで解禁。高校生のリアルな青春模様や、まだ誰も会ったことのない“不思議な転校生”は一体誰なのか…とサスペンス要素も楽しめる本作の“エモサス(エモい+サスペンス)”な世界観を楽しめるものとなっている。

『この初恋はフィクションです』
TBS系
2021年10月11日(月)スタート
毎週月曜~木曜 深0・40~0・55(※一部地域を除く)

©TBS