しずる村上純が『おしゃ家ソムリエおしゃ子!2』で脚本に初挑戦「いまだに夢のようです」

ドラマ
2021年11月20日
©「おしゃ家ソムリエおしゃ子!2」製作委員会

11月26日(金)放送のドラマ『おしゃ家ソムリエおしゃ子!2』(テレビ東京ほか)第8話の脚本を、ドラマ脚本初挑戦となる村上純(しずる)が担当し、コメントが到着した。

原作は、2015年から2016年にかけて連載されたかっぴーの人気WEB漫画「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」。おしゃれ一族“イエーガー家”の一人娘、イエーガー・おしゃ子(矢作穂香)は、オシャレな家に住んでいる男性としか付き合えない特殊体質の持ち主。結婚相手としてふさわしいオシャレな家=「おしゃ家」に住む男性を探すが、出会う人はブサイクでダメな家=「ぶしゃ家」に住む男性ばかり。おしゃ子の理想は高く、家にお持ち帰りをされては、その毒舌で強烈なダメ出しを繰り返す痛快ラブコメディだ。

第8話では、おしゃ子(矢作)が、「昭和」をこよなく愛する和装男子・仁保雨蝶(伊藤あさひ)にひと目ぼれ。「駄文を書いて飯を食っている」という雨蝶の家は期待どおりの古き良きアパートで、畳の上に本が山積みになった部屋はまさに“昭和の文豪”そのもの。おしゃ子は「雨蝶さんの小説を読んでみたい」と言うが、毎回話を逸らされる。さらにおしゃ子は初めてきた部屋なのに謎の既視感を覚え、重大な秘密に気づく。

脚本を担当した村上は「シーズン1が面白すぎたので、僕の筆がそんな世界観に触れられるなんていまだに夢のようです。雨蝶に成り切ってめちゃくちゃ楽しんで書いたので、ぜひめちゃくちゃ楽しんで見てください」とコメントを寄せている。

村上純(しずる)コメント

プロデューサーの太田さんから今回のお話を頂いた時は、それはもう万歳三唱で喜びました。いつかドラマの脚本を書いてみたいと思っていたので、太田さんの言葉の尻を食うように二つ返事で「やりたいです!」と答えました。しかも、聞いてみたら僕の大好きなカルチャー臭プンプンのテレ東さんの深夜枠だなんて、よだれものの極みでした。さらに、どんな作品なのかを伺ったらビックリ、「おしゃ子シリーズだと!?」と思わず叫んでしまいました。シーズン1が面白すぎたので、僕の筆がそんな世界観に触れられるなんていまだに夢のようです。雨蝶に成り切ってめちゃくちゃ楽しんで書いたので、ぜひめちゃくちゃ楽しんで見てください!

第8話予告映像

https://youtu.be/ZsGWgcrE8jw

作品情報

ドラマ 25『おしゃ家ソムリエおしゃ子!2』
テレビ東京、テレビ大阪 ほか
毎週(金)深0・52~1・23

<STAFF&CAST>
原作:かっぴー
脚本:我人祥太、山崎恵輔、岩崎う大(かもめんたる)、伊藤正宏、辻健一、村上純(しずる)
演出:太田勇、岩崎う大(かもめんたる)、広瀬陽一、小路紘史、石井純、山口将幸
出演:矢作穂香、 富田望生、MEGUMI、曽田陵介、岩崎う大(かもめんたる)/市原隼人(特別出演)/今井翼

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/oshako2/

この記事の写真