古川雄輝、念願の“猫ドラマ”主演に歓喜「とてもうれしく光栄」『ねこ物件』22年4月放送決定

ドラマ
2021年12月18日
©2022「ねこ物件」製作委員

古川雄輝が主演を務めるオリジナルドラマ『ねこ物件』が、2022年4月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかで順次放送されることが決定した。

本作は、ある一軒家を舞台に、猫を愛し共に暮らす男・二星優斗と夢を追う同居人たちの人生模様、そして猫を通じて人とのつながり方や新しい家族の形を描いた、究極の癒やし猫エンターテインメント。

主演の古川が演じるのは、家族以外の他人との関わりがほとんどなく、人付き合いが苦手な男・二星優斗。祖父の死をきっかけに、シェアハウスを始めることを決意するが、猫を愛する優斗は猫が認めない人とは一緒に住めない。優斗は猫を中心とした、シェアハウスのルールを決める。

全編にわたり猫と共演するという初の試みにチャレンジした古川は、「私自身猫が大好きで、猫がテーマの作品に出演したいと以前より思っていましたので、出演が決まった時はとてもうれしく光栄でした」と喜びのコメント。念願の猫との共演で、全く新しい一面を見せる。

古川雄輝 コメント

私自身猫が大好きで、猫がテーマの作品に出演したいと以前より思っていましたので、出演が決まった時はとてもうれしく光栄でした。猫に対する愛情とシェアハウスで人と触れ合うことで成長していく優斗の姿を意識して演じたいと思っています。個性的な住人たちと猫のお芝居をぜひお楽しみください。

綾部真弥監督 コメント

人付き合いが苦手で少し気難しいところがあるも、猫のことはたまらなく好きな二星優斗。ある時は愛で、ある時はほっといてただそこにいる…。古川くんは、猫飼いあるあるをリアリティーのある演技で体現し、愛すべき魅力的なキャラクターにしてくれました。
ドラマの見どころはなんといっても猫との生活です。猫に気に入られなければ、このシェアハウスには入居できません。共に遊び、共に食事し、共に寝る。そんな自由気ままな猫たちと、個性的な住人との何げない日常をお楽しみいただければと思います。きっと落ち込んだ時には優斗からの猫にまつわる格言を聞きたくなります。ご期待ください!

番組情報

『ねこ物件』(全10話)
テレビ神奈川、TOKYO MX、BS12 トゥエルビほか

監督:綾部真弥、田口桂/脚本:綾部真弥
出演:古川雄輝 ほか

公式サイト:https://neko-bukken.com

©2022「ねこ物件」製作委員

この記事の写真