春風亭昇太「次は僕であって欲しい(笑)」 駿河太郎、角野卓造、小手伸也が落語に挑戦 『笑点をつくった男 立川談志』

ドラマ
2021年12月23日
©BS日テレ

2022年1月2日(日)に放送される『BS笑点ドラマスペシャル 笑点をつくった男 立川談志』(BS日テレ 後7・00~8・54)の会見が行われ、立川談志役の駿河太郎、妻・則子役の篠田麻里子、柳家小さん役の角野卓造、林家三平役の小手伸也、日本テレビプロデューサー・小里光役の春風亭昇太が登壇した。

本作は、BS笑点ドラマシリーズの第4弾。今回は、これまでの三作すべてでストーリーに欠かせない存在となっていた孤高の天才落語家・立川談志がメイン。「昭和の爆笑王」林家三平へのライバル心や熱い友情、全幅の信頼を寄せ愛した則子夫人の存在を通し、“破天荒” “天才”と呼ばれた落語家の素顔、そして『笑点』との関わりを描く。

駿河太郎

会見で、台本を読んだ時の感想を聞かれた駿河は「談志さんには熱狂的なファンの方もいらっしゃるし、番組のプロデューサーには『談志さんの物語は大変なことになるからやめといた方がいいですよ。』という話をしてたんですけど、表紙が上がってきたら『立川談志』とあったので、『やめとけ言うたやんけ!』と(笑)。ただ、台本自体はすごくよくできていて『あの裏側、こうやったんや!』という落としどころが分かるようになっていて、本当に面白かったです」とコメント。篠田は、「今まで描かれてこなかった『普段の談志さん』が描かれていて、談志さんに持っていたイメージが変わりました。内容としても分かってすごく面白い作品だなと思いました」と感想を語った。

角野卓造

今回、駿河、角野、小手の3人は、劇中で落語に挑戦。その感想を聞かれると駿河は、「今まで言ったことがない言葉もあったりして、全然覚えられなかったんですけど、1席覚えたあたりからスルスルと頭に入っていくようになって、 覚える脳が身につきました」と手ごたえを得た様子。いっぽう、角野は「(お客は)エキストラさんですけど、人数が結構いらしたので、高座に上がるとなかなか興奮します。気持ちが高ぶってね、ついつい舞台の発声になっちゃって『これは落語の発声じゃないな』って(笑)」と大勢のお客さんを前に緊張していた様子を明かした。

小手伸也

小手は、三平の落語動画を完コピするように言われたといい、「目がどうにかなるくらい見ました。せりふ回し以上に扇子の扱いとかも難しくて、結果的に林家三平じゃなくて、緊張した小手伸也があそこにいた(笑)」と話すと、それに対し昇太は「三平師匠も談志師匠も、独自の世界観を持っている師匠だから、すごく難しかったと思います」と3人の落語の挑戦をたたえていた。

篠田麻里子

ドラマの見どころは“師弟愛”や“友情”、そして“夫婦愛”ということで、尊敬する人・同志だなと感じる存在を聞かれた篠田は、自身の母親を挙げ「自分が去年、出産して、母の偉大さをあらためて知りました。今回、則子役として夫婦を演じさせて頂いたのでなおさら、夫婦として、妻として、そしてお母さんとして、女性として尊敬する部分が大きくなりました」と今回の役どころを通して母への尊敬の思いを語った。

春風亭昇太

最後に、第5弾があるとしたら主人公は誰がいいかと聞かれると、昇太が「本当に難しいんじゃないかなと思います。もういないんじゃないかな?(笑) だって、歌丸師匠をやって、先代の圓楽師匠をやって、木久扇師匠でしょう? で、談志師匠じゃないですか。もうね、ドラマになる人いない。薄っぺらい人生を歩んでる人ばっかりなんで(笑)。次は僕くらいしかいない、僕であって欲しいです(笑)」と、『笑点』司会ならではのコメントで締めくくった。

番組情報

『BS笑点ドラマスペシャル 笑点をつくった男 立川談志』
BS日テレ
2022年1月2日(日)後7・00~8・54

この記事の写真

©BS日テレ