山田杏奈、奥平大兼がW主演でほぼ全編二人芝居に挑戦『早朝始発の殺風景』放送決定【コメントあり】

ドラマ
2022年01月14日
山田杏奈、奥平大兼

山田杏奈と奥平大兼がW主演を務める『WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景』が、2022年にWOWOWで放送・配信されることが決定した。

原作は、デビュー作「体育館の殺人」が鮎川哲也賞を受賞し、ミステリーにおける論理展開の緻密さから“平成のエラリー・クイーン“と評価される若き俊英作家・青崎有吾の同名小説。早朝の始発電車で、放課後のファミレスで、観覧車の中で…日常の風景が一瞬にして変化し、展開される高校生たちの“5つ”の密室会話劇を描く。

本作のドラマ化にあたり、『ファイトソング』『にじいろカルテ』などを手掛けた岡田惠和が脚本監修を担い、脚本を『夢中さ、きみに。』の濱田真和が担当。監督には『大豆田とわ子と三人の元夫』で、第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞(共同受賞)した瀧悠輔らが務める。

殺風景役を演じる山田は、本作がWOWOWドラマ初主演。自身の役どころについて「殺風景のクールさととある目的のための意志の強さを大切に演じさせていただきました」とコメント。

加藤木役を演じる奥平も本作がWOWOWドラマ初主演で、連続ドラマ初主演を果たす。「初めて連続ドラマの主演を務めさせていただけると分かったとき、とてもうれしかったのと同時に今までよりも強く責任感を感じました」と、主演への心境を語った。

本作では、そんな山田と奥平がほぼ全編が二人芝居という演技力が試される役どころに挑戦。第1話で偶然出会い、早朝始発に乗車した理由の探り合いから、最終話までつながっていく二人の若手実力派俳優による演技合戦に注目だ。

山田杏奈 コメント

ひとつの空間の中での会話劇、という題材にわくわくしました。
台本を初めて読んだ時ひとつのシーンとせりふの長さにまず驚いてこれまでで一番せりふを覚えるのに苦労しました。
殺風景のクールさととある目的のための意志の強さを大切に演じさせていただきました。
各話魅力的なキャラクター、会話の中でひとつの真相が見えてくる面白さをぜひ楽しみにしていただければ幸いです!

奥平大兼 コメント

初めて連続ドラマの主演を務めさせていただけると分かったとき、とてもうれしかったのと同時に今までよりも強く責任感を感じました。
初めて台本を読んだ時に、特殊なシーンが目に止まりました。
台本を読みながら「このシーンはどうなるんだろう」などと一人で考えて楽しんでいました。
そして僕が演じる加藤木は至って普通っぽい子ですが、山田杏奈さん演じる殺風景は特殊な役柄なので実際にお芝居をするまで空気感やテンションなども予想がつかなったので、いろいろな不安はありました。
でも現場に入って時間がたつにつれ、特殊な殺風景を相手にするのが楽しくなっていきました。
今回、全体的に長くて独特なせりふ回しがとても印象に残っています。
そこにキャラクターの個性が加わっていて、いろいろな場面で見応えがある作品だと思います。ぜひ楽しんで見てもらえたらと思います!

原作・青崎有吾 コメント

『早朝始発の殺風景』は、「気まずさ」をテーマにした青春ミステリーという、ちょっと変わったお話です。
この気まずさが難物でして、空気感や間合いなど、文章ではなかなか表現しづらい。 役者さんが演じたらどうなるのだろう、とこっそり気になっていました。今回答えを知れるので、わくわくしています。というか主演が山田さん&奥平さんなのでわくわくを通り越してびびっています。せりふ量が多くてごめんなさい。
原作のエピソードは全て密室劇で、それが最後に開かれます。現実でも家にこもりきりの状況が続いていますが、ドラマが放送されるころには、登場人物たちと同じように晴れやかな気持ちで外に出たい。そんなことも祈っています。

番組情報

『WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景』(全6話)
2022年 WOWOWにて放送・配信

原作:青崎有吾『早朝始発の殺風景』(集英社)
脚本監修:岡田惠和(『ファイトソング』『にじいろカルテ』)
脚本:濱田真和(『夢中さ、きみに。』)
音楽:田渕夏海
監督:瀧悠輔(『大豆田とわ子と三人の元夫』『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』)
坂上卓哉(『私の家政夫ナギサさん』『G線上のあなたと私』)
出演:山田杏奈、奥平大兼
プロデューサー:植田春菜、松本桂子、塩村香里
制作協力:TBSスパークル
製作著作:WOWOW

番組特設サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/sappu-kei/

この記事の写真