佐々木蔵之介主演『ミヤコが京都にやって来た!』続編に市川猿之助、三林京子が続投!柳沢慎吾ら新キャストも【コメントあり】

ドラマ
2022年09月07日
『ミヤコが京都にやって来た!〜ふたりの夏〜』©ABCテレビ/ケイファクトリー

9月30日(金)から3夜連続で放送される佐々木蔵之介主演ドラマ『ミヤコが京都にやって来た!〜ふたりの夏〜』(ABCテレビ ※関西ローカル・配信あり)に、市川猿之助、三林京子、柳沢慎吾、ますだおかだ・増田英彦、川畑泰史、おいでやす小田の出演することが発表され、コメントが到着した。

ABCテレビで昨年1月期に放送された連続ドラマ『ミヤコが京都にやって来た!』。風光明媚な秋冬の京都を舞台に、12年ぶりに再会した父・空吉と娘・ミヤコのぎこちなくもいとおしい共同生活を丹念に描いた人情ドラマだ。

主人公の町医者・空吉を佐々木蔵之介、娘・ミヤコを藤野涼子、ミヤコと急接近する若き提灯職人・敦彦を結木滉星、空吉とのただならぬ過去を匂わせるミステリアスな女性・佐知子を松本若菜が演じる。

このたび、9月30日(金)から3夜連続で放送される続編の追加キャストが発表。前作に引き続き、空吉の幼なじみ・淳平役で市川猿之助、おばんざい屋の女将・池田久子役で三林京子が登場。さらに、柳沢慎吾、ますだおかだ・増田英彦、川畑泰史、おいでやす小田が出演する。

市川は「第二弾にも参加させていただき大変うれしいです。前回は秋冬の京都でしたが、今回は“夏編”。また違った京都の景色も楽しんでいただけたらなと思います」と。続けて、「僕自身、空吉・ミヤコ親子との再会は本当の親戚を見守るような気持ちでした。2人の絶妙な距離感に歯がゆい気持ちになりますが、一緒に応援する気持ちでご覧いただけたらうれしいです」とメッセージを寄せている。今回出演が発表されたキャスト陣のコメント全文は、次ページに掲載。

『ミヤコが京都にやって来た!〜ふたりの夏〜』©ABCテレビ/ケイファクトリー
  1. 1
  2. 2