• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小栗旬“キング・オブ・ダメ男”役に「嫌いにならないで(笑)」

「人間失格 太宰治と3人の女たち」ジャパンプレミアイベント

 9月13日(金)公開の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」のジャパンプレミアイベントが開催され、主演の小栗旬、共演の沢尻エリカ、二階堂ふみ、成田凌、蜷川実花監督が登壇した。

 天才作家・太宰治役の小栗は、蜷川監督からの熱烈オファーについて「うれしかった」と素直な心境を明かし「出来上がった脚本を読んだら大変そうだったけれど、これをやらなかったら役者としてどうなの?と思うくらいの脚本だった。参加して良かったし、楽しかった」と振り返った。

 3人の女性との間で苦悩する役どころに「楽しい半分、しんどい半分。沢尻さんとはすてきなラブストーリーをやらせてもらい、ふみちゃんとはドロドロした時間を過ごした」と笑いつつも、家族団らんのシーンでは「太宰はたくさんの人を裏切っていくので、精神的にしんどくなっていって、家族と一緒にいるシーンでは二人の子供がかわいくて…。『お父さん出かけて来るね』と自宅を出ていくときは心が痛くなった。しんどかった」と語った。

「人間失格 太宰治と3人の女たち」ジャパンプレミアイベント

 作家志望の愛人・静子役の沢尻は「自分の感情や欲望に貪欲な女性。私も演じていて楽しかった」と笑顔。蜷川監督とは映画「ヘルタースケルター」でタッグを組んでいることから「どんな重い役が来るのかと思ったけれど、そんな要素は全然なくて、終始楽しい!で終われました」と。蜷川監督から「まあまあ大変な役だけどね…」と言われると、沢尻は「苦しい部分もあったけれど、恋をしてハッピーな感情だったので、恋をしている気分が勝った」と語った。

 太宰の最後の女・富栄役の二階堂は「ジメジメしていたかなぁと思う」と語り「でも旬さんが圧倒的で、現場に現れただけでその場の空気が変わるような存在感があった」と。若手編集者・佐倉潤一役の成田は「太宰を尊敬すると同時に大軽蔑するという両極端な気持ちを持ちながら、太宰を支えていくという役柄」とキャラクターを説明し、「撮影中は小栗さんが目の前に立ったらそこに飛び込むだけだったので、気が楽でしたね」と明かした。

 蜷川監督は、太宰の正妻・美知子を演じた宮沢りえについて「りえちゃんが現場に入るとその場の空気が変わる。家庭のシーンで子供たちの力をフィルムに焼き付けてくれた手腕がすごくて圧倒的でした。次も必ずご一緒したい」と早くもラブコールを送った。

 映画の内容にちなんだ「劇中キャラクターの中で死ぬほどの恋をするなら誰?」とのお題では、小栗と成田は宮沢の演じた美知子を指名。成田が「帰る場所があるというのがいい」と家庭への憧れを口にすると、小栗は「富栄さんはキツいんだよね~」とぶっちゃけつつ「登場人物みんな自分に正直に生きている人ばかり。途中からそれぞれみんな『おや?』というところが出てくる」と語った。

 同じ質問に沢尻は、静子の弟・薫(千葉雄大)を指名して「かわいいんだけれど、芯があっていいなぁと思う。そういう人好きです。登場人物の中で唯一ちゃんとしている」と分析。蜷川監督じゃ「エリカって意外とそういうところを見つけるよね」と感心した。

 また、二階堂が「静子さんがいい。創作意欲をかき立てるような人は魅力的」と語ると、静子役の沢尻はすかさず「いつでもどうぞ」と応じた。蜷川監督は主人公の太宰治が好みなようで「私はダメ男が好きなので。太宰はキング・オブ・ダメ男、これ以上ダメな男はいないというくらいの気持ちで作った」と笑わせつつ「ダメなんだけれどどうしようもなくセクシー。色っぽく説得力のある男になっています」とアピールした。

 本作は第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント「ジャパン・フォーカス」で上映されることが決定。蜷川監督は「たくさんの方に観てもらえるのはうれしい。国を超えて観てもらえる作品になっています」と海外上映にも自信をのぞかせた。

 小栗も「日本を感じられる作品になっているし、日本のいいところがたくさん出てくる。太宰は日本の文化じゃないと生まれなかった作家。作家と編集者との関係性も日本ならではのものだと思うので、海外の人がどう観るのか楽しみ」と語った。

 最後に小栗は「僕としては、皆さんに自信を持って『面白い!』と思ってもらえる映画になっています」と胸を張り、「嫌いにならないでくださいね(笑)」とメッセージを送った。

「人間失格 太宰治と3人の女たち」

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」
9月13日(金)全国ロードショー
監督:蜷川実花

出演:小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ
成田凌/千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾/藤原竜也

脚本:早船歌江子
音楽:三宅純
プロデューサー:池田史嗣
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリア鳴く空feat.チバユウスケ」(cutting edge/JUSTA RECORD)
製作:2019「人間失格」製作委員会
企画:松竹
配給:松竹 アスミック・エース

公式HP:http://ningenshikkaku-movie.com/
公式Twitter、Instagram:@NSmovie2019

©2019『人間失格』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える