• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アイン稲田「全員の目を覚ましたる」『よしもと男前ブサイクランキング』が4年ぶりに復活!

『よしもと男前ブサイクランキング』

『よしもと男前ブサイクランキング』が4年ぶりに復活することが決定。開催概要発表会見に、ほんこん(130R)、アインシュタイン、EXIT、おばたのお兄さん、レインボーが登場。MCを陣内智則、山田菜々が務めた。

「よしもと男前ブサイクランキング」は、吉本芸人の中から一般投票によって“男前芸人”と“ブサイク芸人”の1位を決めるファン投票企画。2000年にスタートし、2015年まで毎年恒例のイベントとして開催されており、過去には岩尾望(フットボールアワー)、山里亮太(南海キャンディーズ)がブサイクランキング、徳井義実(チュートリアル)、井上聡(次長課長)が男前ランキングで殿堂入り。4年ぶりの開催となる今回は、これまでに殿堂入りを果たした芸人たちも参加し、優勝した芸人には優勝賞金100万円などの豪華特典が与えられる。

 登場早々、陣内から「寝起きの稲ちゃんはツライわぁ(笑)」とツッコまれたアインシュタインの稲田直樹は、よしもと漫才劇場の所属芸人で行われた「男前&ブサイク芸人ランキング」で3年連続1位を獲得し、殿堂入り。

 「あれは関西のやつだったらしくて、もう1回駆り出されたんですよ。だから、重い腰を上げてもう1回やってきました」と男前のトーンで話す稲田に芸人たちは「かっこええなぁ!(笑)」と大爆笑。

 最近はテレビ番組で“稲ちゃんカッコイイ芸人”などで取り上げられるなど、女性人気も急上昇中の稲田。陣内から「ひょっとしたらブサイクじゃないかもしれへんよ?」と声をかけられるも、「でもね、正直な話、カワイイとか言ってもらえたりするんですけど、これを機に全員の目を覚まさしたろうと思って」と気合十分。

 いっぽう、イケメンランキングへのランクインが期待されるEXITの兼近大樹は「1位になりたい。僕が入らないと嘘になっちゃう」と余裕を見せつけ、「もちろん、りんたろー。さんも入ってくると思うので、賞金は絶対半々にしようって約束してます」とコンビ仲の良さをアピールした。

 そして、2000~2003年でブサイクランキング王者を獲得し、その圧倒的な強さから殿堂入り制度が導入されたほんこんが登場。ブサイク芸人のレジェンドに稲田は「一緒に戦えることが光栄。ほんこんさんはお会いするたびに僕を見て、“おっ!兄弟!”と言ってくれる」とエピソードを語ると、ほんこんは「俺の時代はハガキ(投票)やった。わざわざハガキを買って、ポストに入れに行って、俺のブサイクを(世間に)知らしめてたんや!」と不満をぶちまけた。

 最後には、ブサイクランキング1位の大本命である、ほんこんと稲田が「チャンピオンになってるんですけど、よく考えてください。私、結婚して子供も3人いてるんですよ…日本は平和やのぉ~」(ほんこん)、「この世に男として生まれてきたからには、ブサイクであろうが何であろうが、1位を獲るのが宿命だと思っています。まぁ、言うのはまだ早いかもしれませんが…100万円いただきま~す」(稲田)と、それぞれ意気込みを語った。

「よしもと男前ブサイクランキング2019」は、11月30日(土)までラフピー(吉本興業公式アプリ)、もしくは「よしもと男前ブサイクランキング2019特設サイト」から投票可能。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える