• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

船越英一郎、時代劇存続に使命感「私のライフワークとなるように」『赤ひげ2』11・1スタート

『赤ひげ2』

 船越英一郎主演の『BS時代劇「赤ひげ2」』(BSプレミアム)が11月1日(金)にスタート。今月行われた試写会には船越をはじめ、中村蒼、佐津川愛美が出席し、作品への思いを語った。

 本作は山本周五郎の傑作「赤ひげ診療譚」を船越主演でドラマ化した『赤ひげ』の第2弾。船越が小石川養生所の所長で“赤ひげ”と呼ばれる医師・新出去定、中村が赤ひげの下で働く青年医師・保本登を演じている。今作では原作にはないオリジナル要素を加え、佐津川ら新キャストも参加する。

『赤ひげ2』

 船越は「昨今、時代劇が姿を消しつつある中で、『赤ひげ』は日本人の心の原風景をしっかり描いた作品。この火を消さずに続けて、皆さんに見ていただくことが使命。私のライフワークとなるように願ってやまない次第です」と語り、赤ひげ役の続投については「前回も申し上げましたが、とんでもなく無謀な暴挙。リスペクトする大先輩たちがおやりになった赤ひげを演じるのは役者冥利に尽きます」と喜びをかみしめた。

『赤ひげ2』

 中村は「自分の出演作品がシリーズとして続くことはあまり経験がないことなので本当にうれしいです。まさに見てくれた皆さんのおかげだと思っております。今回も『赤ひげ』を待っていてくださる方々の想像を超えているのではないかと思うぐらい良い作品が出来たと確信して撮影をしていました」と胸を張った。

『赤ひげ2』

 今作から参加し、岡場所の遊女・およねを演じる佐津川は「いつの間にかスタッフの皆さんもキャストの皆さんとも仲良くなって、何かご縁があるなと思える作品を作れたことが自分の役者人生においても、人としてもとても豊かな時間でした」と撮影を振り返り、「愛のある皆さんが作っているので、見ていただいてもそれが伝わると思います」とアピールした。

 中村は船越との再共演について、「船越さんがスタジオに入られた時のあいさつが好き。すごく気持ちの良いあいさつをなさるんです。みんなにしっかりと届けてくれるので、船越さんのあいさつを聞いて『赤ひげ』の撮影が始まったなという思いになりました」と。

『赤ひげ2』

 船越は「なるべく一人ひとりと目を合わせてあいさつをするのが僕の流儀。撮影はつらいこともあるから、楽しむぞという思いを込めています。皆さんとそういう思いを交換しあうことが現場でのあいさつだと思っています。かっこよく言いすぎですかね?」と照れ笑い。

 続けて「『赤ひげ』は登場人物それぞれの成長を見せていくドラマ。一人ひとりが役柄に愛情を注いでいるので信じられない熱量があります。それは演者だけでなく、スタッフも同じです。スタッフの皆さんがこの作品を愛してくれているのを僕らは実感しながら、お神輿の上で一生懸命踊らせていただいています」と現場の様子を明かした。

 作品について船越は「先ほどライフワークにしたいと言いましたけど、実は前作で原作のエピソードを全部使い切ってしまって…」と苦笑い。続けて「でも山本周五郎さんの膨大な作品を移植させていただこうと考え、2話では『ちいさこべ』を赤ひげ視点で取り込ませていただいています。赤ひげの世界観を見ていただくのと同時に、山本周五郎劇場を見ていただけると思います」と力強くアピールした。

 さらに「コメディータッチの部分もありますし、全編通して肩ひじを張らずに見ていただけます。でも最後には、『明日もちょっと元気に生きてみようかな』と心に勇気がともるような、涙を流していただける作品になっています」とメッセージを送った。

『BS時代劇「赤ひげ2」』
BSプレミアム
11月1日(金)スタート
毎週(金)後8・00~

<STAFF&CAST>
脚本:尾崎将也、牟田桂子、川崎いづみ
出演:船越英一郎、中村蒼、佐津川愛美、前田公輝、鈴木康介、山野海、真凛、奈緒ほか
演出:猪原達三、皆川智之、後藤孝太郎
制作統括:小林大児、井上竜太、吉永証

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える