• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

若手選手の登竜門『アジアウインターベースボールリーグ』スカパー!で放送決定

『アジアウインターベースボールリーグ』
2019©CPBL ALL RIGHTS RESERVED

 11月23日(土)より台湾で開催される『2019 アジアウインターベースボールリーグin台湾』がスカパー!で放送されることが決定。12月15日(日)の優勝決定戦を含む、大会期間中の日本戦を中心に生中継する。

『アジアウインターベースボールリーグ』は、2012年より台湾で開催されている冬季リーグ。日本・台湾・韓国の3か国を中心とした東アジア地域の野球選手が、若手選手の育成を目的に台湾各地で試合を行う(※2014年は開催なし)。

 2012年の第1回大会ではNPB選抜チームが優勝し、その後2大会連続で準優勝。初めてイースタン、ウエスタンの2チーム派遣となった2016年は、NPBウエスタン・リーグが優勝。そして、昨年はNPBイースタン・リーグ選抜、NPBウエスタン・リーグ選抜、社会人野球選抜の3チーム編成で出場し、NPBイースタン・リーグ選抜が2年連続の優勝を果たしている。

 今年は、NPBホワイト(巨人、阪神、中日、DeNA、ロッテ)、NPBレッド(ヤクルト、ソフトバンク、西武、楽天、オリックス)、日本の社会人野球選抜チームに加え、台湾、韓国のプロ野球選抜チームと味全ドラゴンズ(台湾プロ野球)の計6チームが出場する。

 BSスカパー!では、10月31日(木)後7・30より『2019アジアウインターベースボールリーグ観戦ガイド』を放送(他日時、他チャンネルでの放送もあり)。番組では、過去に活躍した吉田正尚(オリックス)、村上宗隆(ヤクルト)、安田尚憲(ロッテ)らのインタビューや川崎宗則が加入した味全ドラゴンズの紹介などを送る。

『アジアウインターベースボールリーグ』

<解説:藪恵壹 コメント>
2012年に始まって、今年で7回目を迎えますが、大会に出場した選手が翌シーズン活躍するという形がここのところ増えていますので、若手の登竜門になっています。国際大会ですし、オフシーズンにこれだけの試合数をこなすということは、翌シーズンブレークするきっかけをつかむチャンスがそこに待っていると思います。
今年は1チーム加わって、そこに川崎宗則氏が選手兼コーチでいますから、目が離せませんね!プレーもそうですが、どういう指導をするか気になります。誰よりも先駆けて次のシーズン活躍するであろう選手を見つけられるという面白さがあります。また、社会人選抜チームも参加しますので、そこで活躍した選手が次のドラフトで指名される可能性もあるので、NPBチームだけでなく社会人チームも要チェックですね!

『2019 アジアウインターベースボールリーグin台湾』は、BSスカパー!、GAORA SPORTS、J SPORTS 1、日テレジータス、フジテレビONEで、11月23日(土)~12月15日(日)まで放送される。

2019©CPBL ALL RIGHTS RESERVED

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真