• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

オードリー若林、“リケ美女”福岡みなみに「特殊な番組に来たよね(笑)」『しくじり』でテレビ初出演

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)の11月11日放送回は、麒麟・川島明が大ヒットコミック「キン肉マン」をテーマに授業を展開。Abemaビデオでこの授業の完全版と「お笑い研究部」が配信中。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 11月11日の放送では、大の漫画好きだという麒麟の川島明が、大ヒットコミック「キン肉マン」が、実はファンの間で“日本史上最高のしくじり作品”と位置付けられていることを取り上げ、そのしくじりの中から人生の役に立つ教訓を学ぶ授業を行った。

 川島先生は、代表的なしくじりとして、「(1)描き間違いが異常に多い」「(2)キャラクターのデザインを平気で変える」「(3)設定が破綻している」の3つについて、具体的な例を挙げて解説。読者から数えきれないほどのミスを指摘されている「キン肉マン」だが、そんなミスの中にこそ、学ぶべき人生の教訓があると授業を展開した。

 川島先生は、「キン肉マン」のあら探しに、ネット上でファンが盛り上がっていることを紹介。そこで「キン肉マンは“元祖炎上商法”だったのではないか」との見解を示した。さらに、これだけのしくじりがあったのは、作者の「子供たちを楽しませたい!」という思いがあったからではないか、と前置きし、「(1)描き間違いが異常に多い」は、細かいことを気にせずに面白くしようとしたから、「(2)キャラクターのデザインを平気で変える」は、読者がカッコイイと思えるキャラを出そうとしたから、そして、「(3)設定が破綻している」は、読者が熱狂して楽しめる展開を優先した結果であると分析した。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 そして、川島先生は「へのつっぱりはいらんですよ!」というキン肉マンおなじみのせりふを引き合いに出し、 この言葉の意味を“おならのように思いついた面白いアイデアはこらえなくていい”と紹介すると「“読者の子供が楽しんでくれるなら思い切って全部出しちゃえばいいじゃないか”と。この精神がキン肉マンの全てを物語っている」と解説した。

 さらに番組では、原作者である嶋田隆司(ゆでたまご)にインタビューを敢行。今回の川島先生の分析や、作中の数あるしくじりに対し、嶋田は「僕が小さい時に読んできた漫画って、そんなミスばっかりだったんですよ。大人になった時にそういう話をする。“あれ変だったよね”って。変なところを残す漫画は絶対必要。だから、川島さんとかが、それを見て盛り上がってくれてるのは、“してやったり”っていう感じ。漫画は勢いだと思ってる。その週、その週が面白ければ、少々つじつまが合わなかったり、整合性がなかったりしても面白い。死んだ超人が生き返ってきても、全然気にしない。かえって、そっちの方が読者が喜ぶ」と、自身の漫画への思いを語った。

 嶋田の言葉に一同が拍手を送る中、川島先生は“完璧なものよりも、ちょっとしたしくじりがある方が愛される”と、「キン肉マン」のしくじりから人生の教訓を導き出した。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 Abemaビデオでは、授業の完全版を放送。完全版では「今日、人生で3回目のお仕事です」と話すテレビ初出演の東京理科大学卒の“リケ美女”こと、福岡みなみに対し、オードリーの若林正恭が「特殊な番組に来たよね(笑)」と声をかけた。続けて、平成ノブシコブシの吉村崇が「どうりでマネージャーが気合入ってるなと思った!」、ハライチの澤部佑も「これ(番組)で売れませんから」と、次々にコメントし、スタジオの笑いを誘った。

 そして、同じく番組初登場となった話題のプロレスラー・黒潮“イケメン”二郎は、「給料が、デビューしたら1試合30万って聞いてて、いざプロレス界に入ったら月2万で。寮費が2万なので、実質0円だったっていう…」と、プロレス界の裏話と、自身のしくじりエピソードを披露した。

<未公開シーン動画>

 さらに好評オリジナル企画「お笑い研究部」では、新企画「平場でのキャラの活かし方を考える!!」を放送。

 前回に引き続き、声優・野沢雅子のモノマネで人気のアイデンティティが“食レポシミュレーション”に挑戦した。前回の挑戦で、ツッコミ担当の見浦彰彦へのダメ出しが集中。その結果、浮き彫りになった“アイデンティティ不仲問題”を解決するべく、見浦に変わって澤部が“食レポ”のお手本を披露することに。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 「完璧な食レポだった!」と拍手が起こるほどのお手本に、見浦は「今の(澤部さんの)感じを僕がやったら、めちゃめちゃ怒られますね」と、相方の田島直弥に文句を言われると主張したが、田島はそれに反論。またしても、アイデンティティ不仲問題が勃発し、2人が思いの丈をぶつけ合う。この模様は無料配信中のAbemaビデオをチェック。

<未公開シーン動画>

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』地上波完全連動企画
Abemaビデオで無料配信中

視聴URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/F2kc6vmK6Nz8vj

<レギュラー出演>
担任:若林正恭(オードリー)
生徒:吉村崇(平成ノブシコブシ)
しくじり先生:川島明(麒麟)
生徒:黒潮“イケメン”二郎、澤部佑(ハライチ)、福岡みなみ、横山由依(AKB48)(50音順)

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』
テレビ朝日系
毎週月曜 深0時15分~0時45分
※一部地域を除く

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える